04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

ちどり保育園の和白干潟自然観察会報告/みんなのびのびと楽しい観察会でした。 

ちどり保育園の和白干潟自然観察会報告
 
日 時:2016年5月19日(木) 13:10~15:00 中潮 満潮8:09 干潮14:29
参加者:くじら組(5歳児)40名と先生4名 カメラ担当1名    天候:晴れ
守る会自然観察ガイド:4名

 初夏の太陽をあびながら、合宿の一環で奈多から和白干潟の海の広場まで園児たちは元気よく歩いてきました。広場でお弁当を済まして、予定より10分遅れで観察会を始めました。
有江さんは明確な言葉で、園児たちに問いかけながら干潟の説明をしました。マイクの使用もよく聞こえてよかったと思いました。先生たちが園児と一緒に楽しむ姿はほんとにいいですね。
IMG_6570挨拶

鳥の観察後、干潟に出るときはスコップを最初から持たせた方がよかったと反省しました。
IMG_6573 700
IMG_6613 700
IMG_6603 700

アサリとウミニナの浄化実験はみんなが一生懸命採って集めましたので、良くできました。
IMG_6676浄化実験700

途中でチュウシャクシギが近くにきましたから、山之内さんが望遠鏡で見せました。
みんなのびのびと楽しい観察会でした。 (T・K)

以上

観察されたものは:
 野鳥:ダイサギ、チュウシャクシギ(1)、トビ、ウグイス、ツバメ、ムクドリ
 生き物:ハマガニ、アシハラガニ、マメコブシガニ、コメツキガニ、アサリ、ウミニナ、ホソウミニナ、アラムシロガイ、オキシジミ、マガキ、ユウシオガイ、ヤドカリ、タマシキゴカイ、イトゴカイ
植物:ボウアオノリ
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール街頭署名活動JR千早駅報告/広がってくれるといいですね 

ラムサール街頭署名活動JR千早駅報告

日時:2016年5月17日(火)16:00~17:00
場所:JR千早駅周辺
参加者:7名
署名数:89筆

 晴れて風の強い日でした。千早駅前は新しい東市民センター「なみきスクエア」がまもなくオープンです。海側と山側の2手に分かれて取り組みました。以前に比べ、高校生は下校時間帯が遅くなったのか少なく、一般の乗降客が多かったようです。声を掛けたら小学生も2名署名してくれました。
P1020307.jpg
P1020306.jpg

署名してくださる方は和白干潟のことを知っている人が圧倒的に多く「がんばってください」と励ましてくださいます。北九州の若者が2名署名してくれましたが、曽根干潟を知っていました。全国の環境保護団体に声を掛けて協力してもらっていることを説明しました。広がってくれるといいですね。(E・I)

P1020295.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2016年春期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査2回目(今津)と3回目(今津と博多湾東部)を行いましたので報告します。

今津では5/1(日)午前中に2回目の調査を行いました。
ハマシギ23羽、アオアシシギ14羽、ソリハシシギ8羽、チュウシャクシギ53羽、セイタカシギ9羽など、15種125羽がカウントされました。他にはヘラサギ1羽、クロツラヘラサギ5羽、ツクシガモ15羽が観察されました。

調査の様子1
チュウシャクシギ
セイタカシギ
クロツラヘラサギ

今津では5/14(土)午後に3回目の調査を行いました。
タカブシギ6羽、キアシシギ6羽、ソリハシシギ6羽、チュウシャクシギ34羽など、16種93羽がカウントされました。他にはヘラサギ1羽、クロツラヘラサギ3羽、ミサゴ1羽、チュウサギ1羽などが観察されました。

調査の様子2
キアシシギ

博多湾東部では5/17(火)午後に3回目の調査を行いました。
ミヤコドリ3羽、キアシシギ52羽、ソリハシシギ8羽、チュウシャクシギ25羽など、8種99羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ4羽も観察されました。

5/17の博多湾東部は晴れて暑いくらいでした。潮干狩りや磯遊びの人は和白海域と香椎で35名いました。今回はチュウシャクシギやキアシシギが全域で多く見られました。またミヤコドリ3羽が香椎の岩場にいました。越夏するのでしょうか?干潟ではコメツキガニがたくさん出て砂団子を作っていました。
コメツキガニ(

ウミニナも干潟上を覆っていました。
ウミニナの大群

和白、雁ノ巣や香椎の海岸ではセンダンの花が咲き、良い香りがしていました。
センダン

調査参加者は今津が2回目は2名、3回目は1名、博多湾東部では8名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラブアース・クリーンアップ2016報告/参加された皆さまがた、お疲れさまでした 

ラブアース・クリーンアップ2016報告

日 時:2016年5月15日(日)9:00~11:00
場 所:和白干潟
参加者:115名 和白干潟を守る会:8名、福工大付属城東高校:96名、九産大生:4名、環衛サービス:1名、正興電機製作所:2名、一般参加者:4名
回収したゴミ:134袋
赤(燃えるゴミ):95袋、黄(プラスチックゴミ):30袋、青(空き缶、空き瓶):8袋、麻(割れ物、不燃物):1袋

ラブアース・クリーンアップは平成4年5月に福岡市で開催された「ローマ・クラブ福岡会議 イン 九州」を契機に、この会議のテーマである“地球環境と地域行動”の実践活動として、市民・企業・行政が協力し力を合わせて始めた地域環境美化活動です。
この活動は福岡市から始まり,今では九州・山口県,遠くは石川県や北海道,更には韓国釜山広域市にまで広がっており,今年で25年目を迎えます。地球環境への関心はますます高まり、ラブアース・クリーンアップは足元の活動から地球環境保全の大切さを訴える取り組みとして市民に定着し、活動の輪が広がっています。

当日は雨の心配のない気持ちいい朝でした。
今年も福工大附属城東高校が先生・生徒を含めて96名参加していただき、大変助かります。
9時から開会式、山本さんが開会の挨拶、そして私が実行委員会名誉会長の市長からのメッセージを代読しました。
IMG_6486 800

山之内さんからゴミ回収のルール説明をした後、唐原川河口から和白川河口近辺までの清掃を開始。
IMG_6515 700
IMG_6511 700
IMG_6503 800

高校生や九産大生たちは、日ごろクリーン作戦に参加している生徒が多く、クリーン作戦とはゴミの分類が異なることから、最初は戸惑っていましたが慣れてくると、若者の力は大きく1時間ほどで干潟はきれいになりました。
IMG_6526ゴミ800

11時から閉会式、今日収集したごみの集計結果を発表した後、参加者にお礼を述べました。
最後に海の広場での記念撮影を行い散会しました。干潟では、チュウシャクシギが8羽見られました。
IMG_6501チュウシャクシギ700

参加された皆さまがた、お疲れさまでした。 (M・T)

IMG_6525 3641x2861  800

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

5月ラムサール条約登録街頭署名活動報告/お疲れ様でした 

5月ラムサール条約登録街頭署名活動報告  

日時 :2016年5月13日(金)16:00~17:00
場所:JR福工大前駅周辺
参加者:6名署名数:92名分

 5/10(火)に予定されていた街頭署名活動でしたが、雨のため本日5/13に延期になりました。お天気は良かったのですが、風が強く寒さを感じる程でした。今回は近くの高校に通う学生さんや、積極的に署名して下さる方もおられました。中には山本さんの知り合いの方もお声をかけていただきました。「長いこと活動しておられるのに未だ登録されてないんですか?」と言われる方もありました。「頑張ってください」と励ましていただきました。
P1020290.jpg
P1020283.jpg

風が強すぎて配布物を飛ばしたり、署名用紙を手で押さえながら書いて頂きました。駅前の通行スペースが狭くてゆとりがないように感じました。毎回感じることですが、呼びかけても関心を示されない方も結構多い様に思います。又場所的に、ビルとビルに挟まれていて署名のたびに風にとばされそうです。それでも92名分の署名が集まりました。お疲れ様でした。(S・T)

P1020292.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

玄海風の子保育園かぼちゃ組の和白干潟自然観察会報告/「カニを捕まえるのは怖いけれど、やはり捕まえたい・・・」 

玄海風の子保育園かぼちゃ組の和白干潟自然観察会報告

日 時:2016年5月13日(金) 10:00~12:00 小潮 満潮14:35 干潮7:00
参加者:5歳児27名と先生4名 カメラ担当1名
天候:晴れ
守る会自然観察ガイド:3名

5月の爽やかな風が吹く中、子どもたちは目を輝かせて興味深そうに干潟の話を聞いていました。
干潟のお話

これから潮が満ちてくる時間だったので、先に干潟観察を行い、後でバードウッチングを行う予定で観察会を始めました。話が終わって干潟に行き早速スコップで砂を掘り始めた子どもたちをカモ笛を吹いて集め、アシ原の方に誘いました。アシ原ではすぐにアシハラガニが見つかり、大喜びの子どもたちでした。ガイドがカニをつかまえて見せましたが、子どもたちも自分でカニを捕まえようと一生懸命です。
アシハラガニ見つけ

まず、カニの甲羅を押えてからつかむという捕まえ方のコツを教えましたが思うようにすぐには捕まらず、「カニを捕まえるのは怖いけれど、やはり捕まえたい・・・」と格闘し、やっとの思いでカニを捕まえていました。次にコメツキガニの所に向かう時、しょげている子がいたので先生が聞いてみるとカニを捕まえられなかったからだそうです。
コメツキガニの巣穴がいっぱいある所で、スコップでの掘り方を教えてもらった子どもたちは熱心に砂を掘り始めました。コメツキガニはなかなか見つからず、あちらこちら掘ってやっとカニを見つけると「見つけたー」と嬉しそうでした。
コメツキガニさがし

沖の方に行ってアサリを掘りましたが、今回は潮が余り引いておらず、アサリが小さくて大きいものは少なかったです。ウミニナもたくさん見つけました。
アサリ掘り

ちょうどチュウシャクシギがいたので、望遠鏡で見ました。
バードウオッチング
チュウシャクシギ

初めは要領がわからず見えなかったようですが、目が慣れてくると「見えた、見えた」と喜んでいました。何度も繰り返し望遠鏡を覗く子もいたので、ゆっくりバードウォッチングをしました。満ち始めてきた潮に追い立てられるように岸の方へ戻りました。
みんなで集まって干潟で見つけた生き物を確認しました。
生きものの確認

子どもたちは「大きいカニがよかった」「ワカメ(オゴノリのこと)を見つけた」など、感想を述べていました。「前に歩くカニもいますか?」「何でカニは人を挟むのですか?」「鳥はどうやって飛ぶのですか?」などの質問も出ました。ごみを集めながら海の広場に戻りました。子どもたちは進んでゴミを見つけてはビニール袋に入れていました。濡れた服を着替え手足を洗った子どもたちは、シートに座っておいしそうにおにぎりを食べていました。暖かかったので濡れても安心で、鳥をゆっくり見ることが出来、アサリもまあまあとれてよかった観察会でした。実はアサリとウミニナの海水浄化実験をしたのですが、今回はなぜかなかなか海水がきれいになりませんでした。暖かい時期では初めてのことでした。どうしてだろうかと疑問が残りました。(K・A)

以上

野 鳥:ミヤコドリ(2)チュウシャクシギ(9)ホウロクシギ(1)キアシシギ(1)ダイサギ(3)コサギ(1)ウグイス(声)
カルガモ(3)
生き物:コメツガニ・アシハラガニ・ハマガニ(腹に卵を持っていた)・マメコブシガニ・ウミニナ・ホソウミニナ・アラムシロガイ・アサリ・ユウシオガイ・オキシジミ・マガキ・ホトトギスガイ
    ソトオリガイ・イトゴカイ・ヤドカリ・ミズクラゲ
海そう:オゴノリ・ボウアオノリ
拾ったゴミ:5袋

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防→奈多海岸―/ハマナデシコやハマヒルガオの花がたくさん咲いていて、とてもきれいな春の一日でした 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防→奈多海岸―

2016年5月8日(日) -晴れ - 大潮(干潮 4:14 満潮 10:34)
[観察鳥種] 29種 [参加者数] 19名

最初に熊本地震の被災に関して全員で黙祷しました。今日はバードウイーク探鳥会で、福岡県と共催です。福岡県筑紫保険福祉環境事務所の高橋さんに挨拶をしていただきました。また野鳥の会グッズの小冊子も、県から参加者にプレゼントしていただきました。
奈多方面に向かいました。大潮の満潮時です。春の渡りの時期ですが、シギやチドリの降りる干潟が残っていません。満潮時に休むかもしれないと護岸などもしっかり気を付けて見て行きました。畑ではヒバリが鳴いています。鉄塔上にカラスの巣を見つけました。2羽いますが1羽が餌をもらっており、親子かもしれません。
探鳥会のようす
カラスの親子

樹木ではセンダンの花が咲き出し、シャリンバイもトベラも花が咲いていて、どれも良い香りが漂っています。
センダンの花
シャリンバイ
トベラの花

草花ではヒナギキョウ、コマツヨイグサ、マンテマなどの花が咲いていました。和白海域にはダイサギ、コサギ、カワウなどが少数いました。
カワウ

塩浜の畑では、夏鳥のコチドリの声が聞こえました。五丁川河口の池のように水がたまった場所ではオオヨシキリが鳴き、口の中の赤い色も見えました。
オオヨシキリ

アオサギが魚を狙って捕らえる様子も見られました。岸辺にまるまって寝ているカルガモがいました。
カルガモ

奈多の護岸にはイソシギ、クリークではキアシシギとアオアシシギが見られました。海の廃船上ではカワウが羽を広げて乾かしていました。カワラヒワが鳴きながら群れていました。ハマナデシコやハマヒルガオの花がたくさん咲いていて、とてもきれいな春の一日でした。(山本 廣子)
ハマヒルガオ

【参加者の感想】 
・鳥の声だけでも名前がわかるようになりたい。   
・植物や花がきれいで、たくさん見られて良かった。  
・鳥たちが少なかったが、ハマヒルガオの花がきれいだった。    
・オオヨシキリの姿を見ることができて良かった。  
・留鳥や夏鳥など、今ここで繁殖する鳥たちを大切にしたい。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

和白干潟の春の自然さがし「雁ノ巣海岸」の報告/帰りながらゴミを拾いました 

和白干潟の春の自然さがし「雁ノ巣海岸」の報告

日時:2016年4月26日(火)14:00~17:00 
場所:雁ノ巣海岸 
集合:13:30にJR香椎線雁ノ巣駅前(福岡市東区雁ノ巣)
案内リーダー:山本、田中、田辺、河上
参加者:16名 守る会:13名
 ゴミ:15袋

 和白干潟の前浜に面して自然があるがままの四季の姿を見て回る第1段は、昨年度に海の広場周辺でしましたが、今年度は第2段として、雁ノ巣海岸の四季を見て回り記録することになりました。
 集合地のJR雁ノ巣駅にはトイレが無く、雁ノ巣グランドまで移動しトイレを借りてから始めました。海岸に入った場所にはハマダイコンの花が咲き乱れていました。
ハマダイコン_R

沿岸のアシ原を少し歩いて、元気に伸び出したアシの根元には巣穴がたくさんあり、クロベンケイガニやアシハラガニに出会いました。しかし歩き続ける道が無く、アシ原入口まで引き返して海岸を歩きました。
クロベンケイガニ_R
アシハラガニ_R
 
潮の引いた砂浜を歩くとコメツキガニの巣穴と砂団子、マガキがくっ付いたロープや石ころ等が沢山ありました。
コメツキガニ_R
マガキ_R

人工島を造り始めてから潮の干満による流れの変化に伴い、砂浜がえぐられたり膨らんだりして以前の海岸線が変わっていました。覆砂をされた場所もあるそうですが、砂がたまった後に大きくえぐられた場所にたまった大量のオゴノリ、根元まで洗われて枯れたのではないかと思われるセンダンの木、そして雁ノ巣鼻の先端は細くなっていました。しかしここにミヤコドリが8羽居ましたので、近寄るのを遠慮しました。
オゴノリ_R
ミヤコドリ_R

陸側にはハマニンニクが幅広く広がって育ち、穂が立ち並んでいました。
ハマニンニクの穂

例年心待ちにするネコノシタもハマゴウも芽吹き始めたばかりで、あやうく踏むところでした。オカヒジキもまだ小さく、ハマゼリの香を感じながら歩きましたが、ゴミの多さには驚きました。
ハマゼリ_R

カワラヨモギなど大きな群落を見ましたが、一株だけの黄色の花は何でしょうか?後で調べて下さった方によるとナルトサワギクではないかということでした。(1976年鳴門で発見)(ネットで調べたら「特定外来生物」に指定されており、毒性が強いそうです。人工島内の護岸内側に大群落が多く見られました。山本)
カワラヨモギの群落_R
ナルトサワギク_R

帰りながらゴミを拾いました。砂に埋もれかけたスーパーの袋から・ビン・缶・ヒモなど多種多彩でした。(S・T)
記念写真_R

以上

●観察された鳥15種 カンムリカイツブリ・カワウ・ダイサギ・コサギ・マガモ・カルガモ・ヨシガモ・トビ・イソシギ・ミヤコドリ・カワセミ・ハクセキレイ・シジュウカラ・カワラヒワ・ホオジロ
●観察されたカニ・ゴカイなど8種 アシハラガニ・アカテガニ・クロベンケイガニ・ケフサイソガニ・コメツキガニ・ヨコエビ・イトゴカイ・スゴカイ
●観察された貝・クラゲ・魚15種 アサリ・アマガイ・アラムシロガイ・イシダタミガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・オキシジミ・カラスガイ・マガキ・シロスジフジツボ・クチバガイ(現地で分からなかった貝です。逸見さんにお尋ねしました。山本)ユウシオガイ・アカクラゲ・ミズクラゲ・ボラ。
●観察された海草2種 ボウアオノリ・オゴノリ
●観察された後背地の樹木 アキグミ(花)・ノイバラ(花)・シャリンバイ(花)・ツルウメモドキ・マサキ・トベラ(花)・クロマツ(花)・クスノキ・ナンキンハゼなどがありました。
●観察された植物 ハマエンドウ(花)・ハマダイコン(花)・ハマヒルガオ(花)・アシ・ハマウド・オオジシバリ(花)・イソホウキギ・オカヒジキ・カワラヨモギ・クズ・コウボウムギ・コマツヨイグサ(花)・センニンソウ・ツルナ(花)・ネコノシタ・ハマゼリ・ハマニンニク(穂)・ハマユウ・ホコガタアカザ・ホソバキミガヨラン・ナルトサワギク(花)など。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク