03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

「干潟・湿地を守る日2016」「春のビーチクリーンアップ2016」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆様有難うございました 

「干潟・湿地を守る日2016」「春のビーチクリーンアップ2016」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:4/23(土)15:00~17:00
●参加者:20名、一般参加5名(奈多小2名)産業大学宗像ゼミ生3名、経済学部2名内(先生1名)守る会12名
●回収ゴミ合計112袋: 可燃ゴミ:(人工ゴミ・自然ゴミ含む) 不燃ゴミ:2袋
●粗大ゴミ:45ℓポリバケツ1個、工事用赤コーン 1個、P漬物桶1個、自販機空き缶入れ蓋1
 個、木枝、5本、ベニヤ板1枚、

●見られた鳥:ミヤコドリ9羽、クロツラヘラサギ1羽、ミサゴ1羽、マガモ、オナガガモ、スズガモ、モズのペアー、トビ
●潮干狩り客:約200名

 今和白干潟では、沢山の人達が潮干狩りを楽しんでいます、アシ原中道や後背林では、新緑がとても賑やかです。赤や黄緑、濃い緑が有り変化を楽しむことが出来ます。花では、ハマエンドウが満開で、ハマニンニク、ハマダイコン、ノイバラ、ハタザオ、ヤマフジが白に藤色、アキグミの花は広範囲に良い香りを漂わせています。白いハリエンジュも咲き始めました。これからアシもだんだん伸びてきて緑一面になり、アシ原中が爽やかになって来ます。
クリ15
クリ16
クリ10

本日のクリーン作戦は、始める前から雨が降っており、守る会のテントを張って準備をしました。
クリ1

まず初めに参加者の前で、干潟・湿地を守る日の宣言を読みあげて、皆さんの賛同を得てから清掃の範囲や、方法などの説明をして始めました。
クリ2
クリ3

大潮の満潮後で、数日前にも雨が降っており人工ゴミや自然ゴミが草の上まで沢山打ち寄せられていました。一輪車、リヤカー、ソリ等で多くのゴミを集めることが出来ました、今回も数人の若人が参加して下さり、人数の割には効率よく運べて、見事にきれいになりました。ゴミは置き場いっぱいになりました。
クリ4
クリ5
クリ6

城東高校の先生も団体会員として一人で参加して下さいました。生徒達は雨のために中止をされた様でした。初めて参加された学生さんも次回参加したい。とのことでした。雨は少し降りましたが、終わ頃ろには上がりました。
最後に珍しいオサガ二や、野鳥を見て貰いながらお茶とお菓子でのどを潤してから散会しまた。
クリ23
クリ9

参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2016年春期シギ・チドリ調査報告      山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査2回目(博多湾東部、全国一斉調査)を行いましたので報告します。

博多湾東部では4/21(木)午後に2回目の調査を行いました。
ミヤコドリ11羽、ハマシギ139羽、オバシギ12羽、、チュウシャクシギ12羽など、8種196羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ13羽、ヘラサギ1羽、カンムリカイツブリ2羽が観察されました。

4/21の博多湾東部は風雨もありましたがだんだんおさまる予報でしたので、調査をすることにしました。雨のために潮干狩りの人が少なくて(和白海域で14名)、雨にぬれましたが鳥を落ち着いて見ることができました。
調査のようす1
調査のようす2
調査のようす3

牧の鼻下の岩場にミヤコドリやチュウシャクシギ、ハマシギの小群がいました。クロツラヘラサギは和白干潟の牧の鼻下と和白川河口と五丁川河口と雁ノ巣に分かれていました。香椎の岩場ではメダイチドリやチュウシャクシギが見られました。ハマシギが多かったのは多々良川河口や名島でした。多々良川上流域は増水して浅瀬や干潟が無くなっており、シギの居場所がありませんでした。和白川河口の護岸上ではアキグミの花が満開で良い香りがしていました。センダンの花のつぼみがたくさんついていました。
センダンのつぼみ

調査参加者は博多湾東部で7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

第7回「博多湾・和白干潟のラムサール条約登録」を求める街頭署名活動報告/参加の皆様、お疲れさまでした 

第7回「博多湾・和白干潟のラムサール条約登録」を求める街頭署名活動報告

日時:2016年4月19日(火)16:00~17:00: 天候:晴れ
場所:千早駅前
参加:8名
署名:150名分

 今日も幸いなことに晴天に恵まれ、市会議員の森文子さんも参加されました。帰校途中の高校生が、前よりも署名に応じてくれました。やはり継続が大事ですね。「香椎保育所」の子どもの絵の載った「和白干潟通信」を配りながら、また親子連れの方には「春の和白干潟の自然さがし」の案内をしながら頑張りました。参加の皆様、お疲れさまでした。(T・K)

P1020248.jpg
P1020236.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール署名街頭活動報告/いつもながら色々な方と話ができて、元気が出る街頭署名活動でした 

ラムサール署名街頭活動報告

日時:2016年4月12日(火)10:30~11:30 天候:晴れ
場所:西鉄香椎駅周辺商店街
参加:7名
署名:83名分

 穏やかな晴天に恵まれ、道行く人も徐々に増えてきました。声掛けに立ち止まって署名してくださるのは年配の方か乳児連れの方がほとんど。「和白干潟でアサリを掘っているから」と署名してくださる人もいれば、「アサリが近年取れなくなっているようだが、あれは鳥の餌になるので人間は掘らないで鳥のために残しておくべきだ」と言う人もいたり。「人工島を埋め立ててから和白干潟の底土が臭くなった。もっと埋め立てられたら困る」と実感を持って署名してくださる方や、私たちの活動を「立派な活動をされていますね」と評価してくださる方もいて、7名で83名分集まりました。いつもながら色々な方と話ができて、元気が出る街頭署名活動でした。(E・I)

以上

P1020225.jpg
P1020223.jpg
P1020222.jpg
P1020216.jpg

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告-和白4丁目海岸→和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多入口-/鳥たちも求愛や巣作りにいそがしいようでした 

定例探鳥会報告 和白海岸
-和白4丁目海岸→和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多入口-

2016年4月10日(日) -晴れ - 中潮(干潮 5:14 満潮 11:35)
[観察鳥種] 47種 [参加者数] 20名   [担当者] 山本 廣子

晴れて気持ちの良い日でした。早朝の下見の時に唐の原川河口にクロツラヘラサギ、ミヤコドリ、オオソリハシシギ、オバシギなどを見ましたので、海の広場方面に向かいました。
探鳥会のようす

しかし海岸に降りた時には海は満潮近くなり、下見の鳥たちが見当たりません。オオソリハシシギだけは見つかりました。もう夏羽が見られました。淡水ガモや海ガモはまだ少数が残っていました。
スズガモ

対岸の雁ノ巣に小さくミヤコドリが見えました。ここで引き返して和白川河口に向かいました。
畑ではヒバリも鳴き続けて春を歌っています。カラスの巣も見つけました。菜の花やハマダイコン、シロバナタンポポ、ハタザオ、シロツメクサ、マツバウンランなどの花が咲き、スイバに果実がついていて、お花畑のようでした。
シロバナタンポポ
シロツメクサ
スイバの果実

アキグミの花も咲き香っていました。
アキグミの花

センダンなどの新芽が伸び出し、クロマツの花から花粉が飛んでいました。
センダンの新芽
クロマツの花

五丁川河口からはクリークの中のペアーのオカヨシガモの他アオサギなどが見えました。
オカヨシガモ
アオサギ婚姻色

塩浜の畑では夏鳥のコチドリが可愛い姿を見せていました。
コチドリ

五丁川を越えた海辺では、夏羽のカンムリカイツブリも見られました。
カンムリカイツブリ

奈多の護岸上には夏羽のダイサギやコサギが休んでいます。
夏羽のダイサギとコサギ

春ですねえ。鳥たちも求愛や巣作りにいそがしいようでした。
鳥に詳しい小学生が参加していて、頼もしかったです。(山本 廣子)

【参加者の感想】 
・オオソリハシシギが良かった。   ・ミヤコドリがきれいだった。  
・夏羽のアオサギが良かった。    ・ジョウビタキが可愛かった。  
・オカヨシガモが見られて良かった。 ・コチドリに会えて良かった。 

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

イオンイエローレシートキャンペーン報告/今日の1時間はとても長く感じました 

イオンイエローレシートキャンペーン報告
                                                     
日時:2016年4月10日 (日)14:00~15:00 晴れ (空は強く霞んでいました)
場所:イオンモール香椎浜店
参加者:守る会2名

 本日はイオンモール香椎浜店でのイエローレシートキャンペーンに行きました。
気温も上がり暖かい日曜日で、お客さんも多く、備え付けのボックスには何時もより多くのレシートが入っていました。守る会のもすでに10数枚のレシートが入れてありました。
2時になり、何時ものブルゾンを着て投函ボックスを持ち、レジ前に並んで投函の呼びかけをしました。本日の守る会担当は予定より参加人数が少なく、一人ずつ離れた場所に立ちました。広場では、音楽関係のイベントが有っていて騒がしかったので、大きな声を出して呼びかけた為か、今日の1時間はとても長く感じました。

 何時もは3チームが一緒ですが、今回は幸いにして、リボンの会さんとの2組だけなので場所もゆとりがあり私たちの持つボックスにも多くのレシートを入れて頂きました。レジも広い範囲でとってありましたので、お客さんもスムーズにながれていました。(S・T)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2016年春期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

今津では4/3(日)午前中に1回目の調査を行いました。
コチドリ8羽、ハマシギ59羽、オバシギ7羽、ホウロクシギ3羽など、11種95羽がカウントされました。他にはヘラサギ2羽、クロツラヘラサギ10羽、ツクシガモ24羽、ズグロカモメ1羽、ミサゴ2羽が観察されました。
クロツラヘラサギ

博多湾東部では4/5(火)午後に1回目の調査を行いました。
ミヤコドリ15羽、ムナグロ3羽、ハマシギ203羽、オバシギ14羽など、9種259羽がカウントされました。他にはヘラサギ1羽、クロツラヘラサギ24羽、ミサゴ1羽、カンムリカイツブリ13羽が観察されました。
カンムリカイツブリ

4/5の博多湾東部は晴れて暖かく、潮干狩りや磯遊びの人が和白海域と香椎で264名いました。奈多でハマシギの群れが飛び回りましたが、潮干狩りの人が多くて干潟に降りれないようでした。雁ノ巣の砂浜では、たくさんのコメツキガニが砂団子を一面に作り、動き回っていました。桜が満開であちこちで見られました。
桜の花

奈多の護岸の道ではハマエンドウやハマダイコンや菜の花がたくさん咲いていました。
ハマエンドウ

ノボロギクの花の綿毛がたくさん風にそよいでいました。
ノボロギクの綿毛

奈多のクリークではアオサギの口ばしと脚が赤く婚姻色になっているものがいました。
アオサギ

またどの海域にもクロツラヘラサギが見られ、夏羽になり冠羽もふさふさでした。渡りの途中かもしれません。クリークの中でもクロツラヘラサギが餌取りをしていました。カンムリカイツブリも夏羽になり、春を感じさせました。

調査参加者は今津が3名、博多湾東部では7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年3月和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/清掃後は見違えるように綺麗になりました 

2016年3月和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告  

●日時:3/26(土)15:00~17:00
●参加者全員:146名、一般参加 5名、(九産大宗像ゼミ学生5名教師1名、城東高校89内教師6名)九電総連28名、守る会18名
●回収ゴミ合計107袋:  可燃ゴミ:103袋、不燃ゴミ:4袋
●粗大ゴミ:健康器具1、タイヤ1、P波板、ギター1、楽器ケース1、健康器具1、座椅子1、
 浮き1、折り畳み物干し1、水槽2、植木鉢15、プランター3、他
●見られた鳥、ミヤコドリ3羽、ユリカモメ9羽、約、海ガモ200羽、陸ガモ300羽モ、アオサギ、ダイサギ、ツグミ5羽、ウグイス、シジゥカラ、ヒヨドリ、コゲラ、シロハラ

 今和白干潟では、アシ原はアシの新芽が出始めていて、中道側にはハマニンニクが青々と茂り、早いものでは穂も出始めています。ハマ大根も白や薄紫の花が満開で、ハマエンドウもちらほら咲き出しました。後背林には清楚な山桜が数本あり、今まさに満開で見ごろを迎えています。四季折々に変化に富んでいて、見ていると幸せを感じさせてくれます。このままの自然を何時までもと願っています。

クリーン作戦では、若人が多く特に、福工大付属城東高校より大勢での参加が有り、九産大宗像ゼミより数名、九電関係者も他のイベントが有り、終わり次第参加して頂きました。一般では何時もの椋木さんや、時々顔を見せて下さる舞松原の方等も有り、嬉しいことに予想外に人数が多く、何時も取り残されている唐原川河口右岸や、和白側迄広範囲に行う事が出来ました。
あ1
あ2

唐原川河口には沢山の人工ゴミが打ち寄せられており、宗像先生は人工ゴミが多いのに驚いておられました。今まではアオサに隠れていて目立たなかったことも有りますが、こうなった原因は人が作った、とゼミの学生に話されていました。学生さんも現場を見て改めて感じることが有ったようでした。
あ3
あ4

和白側には粗大ゴミの家庭ごみが多く、考えられない物まで投げ入れてありました。
あ5
あ6

清掃後は見違えるように綺麗になりました。
あ8
あ9

最後にお茶でのどを潤して貰いながら野鳥観察をし、集合写真を撮って散会しました。
参加された皆様お疲れ様でした。有難うございました。(S・T)
あ7

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク