06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防-/今日は子供たちもカメラ持参で積極的に素敵なものを探していました 

定例探鳥会報告 和白海岸-和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多堤防-

2015年7月12日(日) -曇り- 中潮(干潮 13:13 満潮 6:35)
[観察鳥種] 28種 [参加者数] 15名

梅雨の時期ですが、何とか雨が降らずに探鳥会ができました。
探鳥会のようす

和白川方面に向かいました。和白川河口では、クサフグがたくさん泳いでいました。トキワススキが赤い穂を風にそよがせています。
トキワススキ

今日はどこでもウスバキトンボがたくさん飛んでいました。突然の可愛いイタチの出現に、しばらく見とれました。
イタチ

和白川河口から干潟を見ると、沿岸にはダイサギ、アオサギ、コサギなどがいました。
ダイサギ

遠く唐原川河口付近にはカルガモ8羽とマガモ1羽が浮かんでいます。対岸の牧ノ鼻下のハマボウ群落地では黄色い花がたくさん咲いていました。
カルガモ

塩浜堤防上でアカテガニに会いました。
アカテガニ

堤防の生垣にはスダジイの木にたくさん実がついています。
スダジイの実

ハマナデシコのピンクの花がきれいでした。
ハマナデシコ

電柱上にはトビがりりしい顔で休んでいます。ハヤブサを見た人もありました。セッカの声を聞き姿を見つけた人がいて、皆で上空を見ました。皆が遠ざかってから、セッカは降りてきたようです。私たちがいてなかなか降りることができなかったのでしょうね。
トビ

五丁川河口先から雁ノ巣海岸を見ましたら、カワウの50羽程の群れのそばにミヤコドリ2羽がいました。まだまだ残っていますね。このカワウたちは後ほど、かぎ型になって上空を飛び和白方面に向かいました。五丁川河口と奈多のクリークでは、ハクセンシオマネキやヤマトオサガニが元気にツメを振っています。
ハクセンシオマネキ

モンキアゲハやゴマダラチョウも飛んだり降りたりしています。
モンキアゲハ

ニイニイゼミも鳴き声だけではなく、止まっているところも見つけました。同じ場所なのに、毎回違うものを発見できて楽しいです。
ニイニイゼミ

今日は子供たちもカメラ持参で積極的に素敵なものを探していました。大人も子供たちに見せてあげたいと頑張りました。ネムの花が涼しげでした。(山本 廣子)
ネムの花

以上

【参加者の感想】
・ハヤブサがかっこよかった。 ・鳥もカニもよかった。  
・鳥が近くで見られた。    ・鳥の種類がたくさん見られた。
・イタチを見た。       ・久しぶりにセッカを見た。
・カルガモの親子が見られた。 ・ハマナデシコやスダジイなど植物の観察もできた。
・トンボやチョウ、セミなども観察できた。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

潮流観察会 報告/一度観てみたいと思っていたので念願がかない、有意義な観察会でした 

潮流観察会 報告

日 時:7/6(月)9:10~10:25
場 所:海の中道大橋
参加者:7名

見られた鳥:ミヤコドリ2羽、ミサゴ1羽、カワウ2羽、セッカの声
植物:センダン、エノキ、ハマゴウ、コマツヨイグサ、クズ、ネナシカズラ

今朝は雨マークで、心配していましたが、何とか持ちこたえてくれました。
朝8:45に事務所集合でしたが皆早めに揃いましたので、8:50に高田さんのバンに乗り出発しました。
海の中道大橋近くの駐車スペースに着いたのが9:05。坊園さんが待っていました。ミヤコドリが雁ノ巣の砂地に2羽いました。若鳥の様です。
観察
ミヤコ

そこから大橋を4~5分歩き、最初の潮流を観ましたが、先日から降った雨の為に海水が濁っていて、微かにしか見えませんでした。何回も下を覗きながら移動して行くうちに、橋脚の側から砂が博多湾側から和白海域に流れ込んでいることが分かりました。人工島に近づくにつれて潮流の時間差のためか、はっきり砂の流れがわかるようになりました。砂は渦を巻きながら雲のように湧きあがっていました。
観察3

私たちは人工島まで行き、戻りました。行きより帰りの方が流れが速く、はっきりと見えました。全部で6か所で筋を作って砂が流入していました。筋の幅は雁ノ巣に近いところ辺りが一番広かったです。橋の下の流れの幅は全体で600メートルあるそうです。橋の下には新たに砂洲が出来ていて、コメツキガニやウミニナなどがすんでいる様でした。近くの植物を観察しながら駐車スペースにもどりました。
観察4

砂以外にもミズクラゲ、油、ゴミも流れ込んでいました。和白干潟のゴミは川からの流れ込みだけでは無く、博多湾からも流れ込んでいることもはっきりと分かりました。ボラの稚魚?がキラキラ光って見えました。橋の上で記念写真を撮りました。 
観察5

一度観てみたいと思っていたので念願がかない、有意義な観察会でした。次回も参加したいと思います。帰りは人工島を通過し、事務所に10:50に着きました。(S・T)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2015年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様お疲れ様でした 

2015年6月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:6/27(土)15:00~17:00
●参加者全員:16名、一般参加4名、守る会12名
●回収ゴミ合計49袋: 可燃ゴミ:46袋(人工ゴミ9袋・自然ゴミ37袋)不燃ゴミ:3袋)
●粗大ゴミ:プラスチック籠 1個、
●見られた鳥:ミヤコドリ2羽、ダイサギ4羽、アオサギ4羽、カルガモ4羽、カワウ1羽、カワラヒワ1羽、ウグイス声、カラス(ハシボソ、ハシブト)

 今和白干潟では、アシが人の背丈より伸びていて、穂が出る前で全体が緑一色に輝きとてもさわやかです。後背林では濃淡がはっきりしていて全体を引き上げています。アシ原小道には、ハマナデシコが濃い小さなピンクの可憐な花を付けています、砂洲の付け根にはネムの花も咲きいい香りを漂わせています。クサヨシorヤマアワ?もさわやかな穂を出しています。
010.jpg
004.jpg

 干潟では、多くの生きものたちがとても活発になって、主にコメツキガニ、アシハラガニ、ハクセンシオマネキ、ウミニナ、潮が引くとタマシキゴカイの糞隗が沢山見られます、どうぞ皆さまも和白干潟にお出かけ下さいね
001.jpg

 クリーン作戦では、朝から雨模様で、降ったり止んだりの繰り返しでとても悩ましい一日でした。テントを張り準備をしていると3時ごろには幸いに止んでくれました。今回は学生の参加がなく少人数でしたが、粕屋町や飯塚市から遠路参加し下さいました。干潟にはボウアオノリが多く有り中にはアサミドリシオグサと大きく絡まったのも有りました。梅雨なのに大雨にならず川からの人工ゴミの流入も少なく、アシが伸びている為か、綺麗に隠れてしまっています。
005清掃
002.jpg

 回収ゴミ置き場には不とどき者が居て家庭ごみを置いていました、アルミ缶を家庭用の不燃物の袋いっぱいに入れたのや、紙おむつを何個も入れた袋を出した者も居ました。本当に腹立たしい、情けない行為ですね。清掃後はお茶を飲みながらの歓談や感想など有意義なひと時でした。帰る前にミヤコドリも来てくれました。
012お話し

 解散後には遠方から参加された2名の方には、きりえ館で高田さんが守る会の話をしました。また山本さんの切り絵を見たりされました。
参加された皆様お疲れ様でした。有難うございました。(S・T)

016集合写真

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク