03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2015年春期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査2回目(全国一斉調査)を行いましたので報告します。

今津では4/18(日)午前中に2回目の調査を行いました。
コチドリ11羽、ハマシギ70羽、オバシギ8羽、アオアシシギ16羽など、12種125羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ7羽、ヘラサギ2羽、ツクシガモ1羽、カンムリカイツブリ1羽、チュウサギ1羽、ミサゴ2羽が観察されました。

博多湾東部では4/21(火)午後に2回目の調査を行いました。
ミヤコドリ4羽、メダイチドリ16羽、ハマシギ97羽、ソリハシシギ24羽など、15種235羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ18羽、カンムリカイツブリ3羽、ミサゴ1羽が観察されました。
調査のようす

4/21の博多湾東部は晴れて暖かく、潮干狩りや磯遊びの人が和白海域と香椎で114名いました。和白海域の海の広場沖合(和白干潟中心部)と奈多には貝堀りの人がほとんどいませんでした。潮干狩りの人は主に和白川河口と雁ノ巣にいましたが、例年に比べると20分の1くらいでした。やはりアサリが少なかったためだろうと思います。おかげでシギ・チドリたちは、干潟がとても良く引いていて人がいない奈多に多種の鳥がいました。ミヤコドリ4羽、キョウジョシギ2羽、ソリハシシギ21羽、ダイゼン7羽などとクロツラヘラサギも和白海域で12羽が移動しつつ見られました。
キョウジョシギとダイゼン
クロツラヘラサギ
チュウシャクシギ

香椎ではメダイチドリやアオアシシギの最盛期のようでした。ハマシギが多かったのは多々良川河口や名島でした。奈多の護岸上にはアキグミの花が満開で香りがムンムンしていました。
アキグミの花

調査参加者は今津が3名、博多湾東部では7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸  -和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多海岸-/今日は晴れて風も無く気持ちの良い一日でした 

定例探鳥会報告 和白海岸  -和白川河口→塩浜堤防→五丁川河口→奈多海岸-

2015年4月12日(日) -晴れ- 小潮(干潮 8:28 満潮 14:54)
[観察鳥種] 38種 [参加者数] 19名

 今日は晴れて風も無く気持ちの良い一日でした。干潮時で、和白川河口から奈多方面に向かいました。和白川にはボラの子どもがたくさん泳いでいました。アカミミガメも日なたぼっこをしています。和白川河口の砂洲にコチドリとシロチドリとイソシギ、コサギなどがいて、幸先の良い始まりでした。
探鳥会のようす

 道端にはホトケノザ、セイヨウタンポポ、シロツメクサ、マツバウンラン、コメツブツメクサなどが咲いていて、春を歌っています。ベニシジミ(チョウ)も飛んでいます。ツバメも飛んでいます。ヒバリも鳴きながら上がります。
セイヨウタンポポ
シロツメクサ
マツバウンラン
コメツブツメクサ

 干潟ではダイシャクシギが近くで見られました。遠く唐原川河口にはオオソリハシシギやオバシギが餌を食べながら忙しく動いています。ホウロクシギも見えます。淡水ガモではオナガガモ、カルガモ、マガモなどが少数いました。潮干狩りの人たちも出ていました。のどかな干潟の風景です。牧ノ鼻の山も緑が萌えて生き生きと見えます。上空をトビやミサゴが飛んでいます。
ミサゴ

 沖合では夏羽のカンムリカイツブリやウミアイサもいます。塩浜堤防ではアキグミが花盛り、奈多堤防ではクロマツの花盛り。ハマエンドウも咲き出しています。
アキグミ
ハマエンドウ

 五丁川河口先では、廃船にカワウが羽を広げたりして休んでいました。五丁川河口の水たまりではカワセミが2羽、魚を取ったり木の枝に止まったりしていて、良く見ることができました。バンも急いで渡って行きます。
バン

 上空を100羽程のヒヨドリが群れで素早く飛んで行きました。五丁川河口先からは、和白干潟に集まってきたスズガモの群れが見られました。奈多のクリークではコガモ14羽が休んでいました。子供たちも参加してタンポポの花を摘んだり望遠鏡をのぞいたり、ゆったりとしたハイキングのような探鳥会でした。(山本 廣子)

【参加者の感想】
・カワウが羽を広げているところが良かった。 ・カワセミがきれいだった。  
・コガモを良く見たのは初めて。 ・スズガモの群れが良かった。 
・コチドリが可愛かった。  ・カワウの腹が良く見えた。   
・鳥の種類が多いのに驚いた。 ・気持ちがよくて、楽しい探鳥会だった。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2015年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2015年春期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

 今津では4/5(日)午前中に1回目の調査を行いました。
ハマシギ63羽、アオアシシギ13羽、セイタカシギ1羽など、9種91羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ2羽、ツクシガモ1羽、ズグロカモメ2羽、ミサゴ2羽、オオハクチョウ1羽が観察されました。
調査の様子

 博多湾東部では4/2(木)に1回目の調査を行いました。
ミヤコドリ6羽、ハマシギ30羽、ホウロクシギ4羽など、6種47羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ16羽、カンムリカイツブリ6羽が観察されました。
ホウロクシギ

 4/2の博多湾東部は晴れて暖かく、潮干狩りや磯遊びの人が和白海域と香椎で198名いました。シギ・チドリたちは全域で少なかったです。香椎にはヒドリガモが100羽程浮かんでいました。香椎花園ではカルガモが20羽程浮かんでいました。カモが好きな場所が、それぞれあるのかもしれませんね。
岩礁上のサギたち’

 雁ノ巣の砂浜では、たくさんのコメツキガニが砂団子を一面に作り、動き回っていました。
コメツキガニ
 
 雁ノ巣と人工島の間の海域ではウエイクボードが何度も言ったり来たりしていました。港湾局理財課に注意してほしいと伝えましたら、海岸から遠くて声が聞こえないという回答で残念でした。

調査参加者は今津が3名、博多湾東部では7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

桜満開
ハマダイコン

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした 

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:3/28(土)15:00~17:00
●参加者全員:22名、一般参加9名(内幼児2名)守る会13名
●回収ゴミ合計55袋: 可燃ゴミ:54袋(人工ゴミ7袋・自然ゴミ47袋)
               不燃ゴミ:1袋
●粗大ゴミ:カーペット1個、浮き付きの(船用フロート止めロープ)1セット

●見られた鳥、ミサゴ2羽、ダイシャクシギ2羽、クロツラヘラサギ6羽、スズガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ダイサギ、アオサギ・山の鳥:ツグミ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ

 今和白干潟では、ハマニンニクの穂が出始めています。ハマダイコンの花や、後背地では山桜や、オオシマザクラ?が満開で、春の賑わいを見せ始めました。
ハマニンニク穂
ハマダイコン
山桜

 ハママツナの新芽にアシや、シオクグ、ホコガタアカザの芽もこの一月で随分大きくなってきました。
ハママツナ新芽

 一番良い場所にはハマウドが大きく葉を広げています。干潟ではコメツキガニが活発になり巣穴や砂団子が随分多くなりました。越冬のカモ達は大分少なくなりましたが、沖のスズガモはより多く集まっています。渡りの準備をしているのでしょうか?幅広く幾重にも長く列をなしています。クロツラヘラサギと、ダイシャクシギも仲間が増えました。これからは待望の春の渡りのシギ達を観ることが出来ますよ。朝はミヤコドリ8羽を観ることが出来ました。広場入口のハリエンジュの梢でホウジロが鳴いていると思いましたが、良く観るとメジロでした。朝からずっと鳴いています。こんなさえずりは初めて聞きました。又、運よくミサゴが水中にダイブする様子も観ることが出来ました。
野鳥観察

 本日のクリーン作戦は、人工ゴミは雨が降ってないせいか少なく、自然ゴミはアシの茎などが倒れ流れ込んだアシの茎が覆いかぶさり新芽の妨げになっていましたが、約7割が取り除けたのかなと思います。
クリーン1
クリーン2

 広場前~唐原川河口右岸迄清掃し、人数は少なかったのですが効率よく集めることが出来ました。家族4名で参加された方もありました。今回スズキ自動車福岡の方も2名が参加してくださり、若い力を沢山いただきました。
回収ゴミ 

 椋木さんも毎回欠かさずに参加して下さいます。最後にお茶を飲みながら歓談したり、クロツラヘラサギやダイシャクシギ、カモなどを観て貰ったりしました。初めて見る鳥たちに感激されていました。
記念写真

 参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。 (S・T)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク