05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生 和白干潟自然観察会報告/「ぼくたちが和白干潟を守って行きます。」 

和白小学校4年生 和白干潟自然観察会報告

日 時:2014年6月25日(水) 14:00~16:10 中潮 干潮14:42
参加者:117名と先生4名    天候:晴れのちくもり
守る会自然観察ガイド:8名

和白小学校から歩いて来た子どもたちのほとんどは長靴を履いていました。
DSC_0052 800
干潟では、数日前から飛来してきているカラシラサギ・アマサギ・ダイサギ・アオサギ・コサギが、遠い水辺に並んでいました。子どもたちにとっては区別が付けにくいようでした。
DSC_0057 700
DSC_0098 700
干潟のお話を聞いたあとは浜に出ました。アシハラガニはすぐ見つかるが捕まえるには勇気がいります。
DSC_0017 800
いたるところにコメツキガニの巣穴があります。水たまりに取り残されたマハゼの稚魚。貝の掘り方を教えましたが、アサリよりオキシジミの方が多く見つかります。しかし捜す人が多いと浄化実験用の二枚貝も多くとれ、浄化実験は大成功。
DSC_0102 800
和白川河口にいるハクセンシオマネキの大群も見てもらいたいが、100余名で干潟を歩いて行くのはなかなか遊びが入り進みません。
干潟では一段と元気が出るようです。無事に和白川河口までついて、ハクセンシオマネキの大群を見ることができました。
DSC_0090 700
DSC_0082 800
ハクセンシオマネキ(和白川河口)IMG_3616a02L
DSC_0064 700
観察後の子どもたちの質問も多く、「ぼくたちが和白干潟を守って行きます」とあいさつで言ってくれました。地元で育った子どもたちが、地元の海を愛し大切にしてくれる大人になってほしいと切に思いました。梅雨さなかの午後。初めは晴れていたが後は照らず降らずで良かったです。(S・T)

以上

野鳥:カラシラサギ(3)・アマサギ(3)・コサギ(1)・ダイサギ(5)・アオサギ(3)・カワウ(1)・ウグイス(上手に鳴いた)
生き物:コメツキガニ・ツメアカベンケイガニ・ケフサイソガニ・マメコブシガニ・アシハラガニ・クロベンケイガニ・ハクセンシオマネキ・アサリ・オキシジミ・サルボウ・ユウシオガイ・マガキ・アラムシロガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・ヤドカリ・アカニシ・ゴカイ・マハゼ・クルマエビ・ミズクラゲ・ヤドカリ・イトゴカイ
海草:オゴノリ・ボウアオノリ・アオサ・アサミドリシオグサ。
植物:ハママツナ・ハマサジ・ハマニンニク
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

6月ラムサール条約登録街頭署名活動報告/「がんばって」と励ましてくださいました。 

6月ラムサール条約登録街頭署名活動報告

日時:2014年6月24日(火)11:00~12:00
場所:香椎西鉄高架下~キラキラ通り周辺
参加者:5名(山本、山之内、河上、田辺、今村)

 梅雨の晴れ間の強い日差しの下、香椎で署名を呼びかけました。晴天になったため買い物客は多かったのですが、思ったより署名に応じる人は少なく、高齢者がほとんどでした。これまで署名板の下部に「ラムサール条約を求める署名」と表示したパネルをつけていましたが、かえってわかりにくいのでは、と「和白干潟を守る署名活動」と変えてみました。「ラムサールって何ね?」と胡散臭そうに尋ねられ、説明すると「もうよか!」と断られたりしていたので、その点よかったように思われます。
 ベンチに腰掛けて署名して下さる高齢の方々は病院通いや買い物帰りが多く、バスや電車の便が悪い、近くのスーパーが閉店したなど、年取ってから不自由な思いをしなければならない不安を語りつつ、「がんばって」と励ましてくださいました。和白干潟を報道などで知っているという北九州の壮年の男性や、干潟にバードウォッチングに行ってみたいという中年男性もおられ、リーフレットが役に立ちました。
全体で、42名分の署名が集まりました。 
余談ですが、環境大臣あての署名をお願いすると、かなりの方々から「あの金目発言の~」という言葉が出ていて、皆さんよくニュースも知っておられるのだな、と感心しました。
IMG_1254★a11L
 
キラキラ通り入り口付近の福銀前の道路で署名活動をしましたが、買い物や銀行行きの方々が比較的に良く署名してくれました。高校生男子2名や会社員の若い女性グループなども良く話を聞いてくれました。ほとんどが東区の方で、知り合いの方もありました。(山本)
IMG_1258★a11L

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入口 -/快適な探鳥会でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入口 -
2014年 6月8日(日) -霧雨のち晴れ- 小潮(干潮 12:05 満潮5:30)
[観察鳥種] 29種 [参加者数] 9名  

6月8日はラブアースの日と重なり、参加者は少なかったです。京都からの方が同窓会のついでによられて、ミヤコドリを初めて見たと喜んでありました。脚に傷があるのでしょうか、カラシラサギが1羽とコサギが1羽共に行動していました。どちらも餌は食べていますがあまり遠くへは飛べない様子です。回復を祈っています。(あとで近くでカラシラサギ2羽だと確認しました。)
和白探鳥会のようす

和白川河口の砂浜にはハクセンシオマネキやコメツキガニが多くいました。シロツメグサやアレチハナガサの花が咲いていて、モンシロチョウや黄色いチョウ、ルリ色のかわいいチョウが飛び交っています。堤防の松にも小さな松ぼっくりが生っていて、キリンが首を伸ばしているようでした。
ヤマトシジミ
今年のマツボックリ

ツバメとスズメのヒナが畑にいて親鳥がせっせと餌を運んでいました。またツバメの空中給餌を見た人もいました。トビも畑でゆっくりと餌を食べていて、近くをコチドリが歩いていました。
トビ
コチドリ

だんだん晴れて暑くなりましたが風が気持ちよく吹いていて、快適な探鳥会でした。ラブアースに参加した2人の方が、途中から探鳥会にも参加されました。(T・K)

【参加者の感想】
・ブイの上にとまっているコアジサシがかわいかった。
コアジサシ
・コチドリの姿を近くで見てきれいだった。
・カワセミを見たかった。
・塩浜護岸から唐の原川付近のカラシラサギを見て、京都の方は「距離を感じた」そうです。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラブアース・クリーンアップ2014報告/無事今年のラブアース・クリーンアップを終えることができました。 

ラブアース・クリーンアップ2014報告

日 時: 2014年6月8日(日)9:00~10:20
場 所: 和白干潟海の広場周辺
参加者:91名 和白干潟を守る会:6名(野中、田浦、中嶌、田中、今村、山之内)
福工大付属城東高校:76名(先生5名、生徒71名)
株式会社 環衛サービス:7名
一般参加者:2名
回収したゴミ:52袋
 赤(燃えるゴミ):30袋
 黄(プラスチックゴミ):17袋
 青(空き缶、空き瓶):3袋
 麻(割れ物、不燃物):2袋

今年で23回目を迎えたラブアース・クリーンアップですが、朝の梅雨らしい霧雨から開始前にはうす曇りとなり、暑さも気にならず清掃活動に励むことができました。

まず、ラブアースののぼりを立て、付近5箇所に山之内さんがポスターを掲示した後、海の広場でテントを張り、準備しました。ラブアース・クリーンアップは地域ごとの取り組みとなっているところも多く、また、探鳥会とも重なり、参加者は期待できないと思っていましたが、福工大附属城東高校生が先生に引率されて多数参加してくださって、一気に干潟に活気があふれました。

担当の山之内さんによる開会挨拶、実行委員会名誉会長の市長からのメッセージを今村が読み上げ、ゴミの分別の仕方、範囲などの説明の後一斉に清掃活動に取り掛かりました。
①開会式IMG_7365★a11L
高校生の取り組み姿勢はきびきびしており、未来遺産登録証伝達式にも出席してくださった城東高校の先生方の熱意が生徒にきちんと伝わっていると感じました。また、環衛サービスの皆さんも、おそろいのユニフォームで、てきぱきと取り組んでいただきました。先日福工大で開催された大学生向けボランティア説明会に出席していた福工大生も1名参加され、これからが期待されます。
②清掃光景2IMG_7374★a11L
②清掃光景3IMG_7375★a11L

最後に山之内さんがゴミの集計を発表し、参加者の皆さんにお礼を述べました。また、高校生からもお礼の挨拶をいただき、無事今年のラブアース・クリーンアップを終えることができました。参加者の皆様お疲れ様でした。(E・I)
③スタッフ集合IMG_7386★a11L

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

5月ラムサール街頭署名活動報告/署名してくださる方との対話が、私たちを元気付けてくれます。  

5月ラムサール街頭署名活動報告

日時:2014年5月27日(火)16:00~17:00
場所:JR福工大前駅周辺
参加者:6名

 夕方の日差しの強い中、JR福工大前駅周辺で署名を呼びかけました。守る会メンバーが6名で、効率よく署名呼びかけができました。学校帰りの福工大生、高校生がたくさん呼びかけに応えて署名してくれました。
署名活動1
 駅ビルの「コミセンわじろ」の職員も署名して、前回の和白干潟のクリーン作戦に参加したことを話されました。一人の署名板に複数来られた場合は、すぐ誰かが駆けつけて順番待ちの無いように心がけ、全体で81名分の署名が集まりました。3月にはこの場所で雨の中、署名が30名分、4月の香椎では49名分でしたので、大幅アップにみんな大喜びしました。
署名活動2
 和白干潟を知らない県外や、県内からやってきた学生が意外に多く、年配の方では和白干潟を知っているという人が多いように思いました。中には、家族に教えたいからと和白干潟のリーフレットを持ち帰ってくれた高校生もいました。若い人たちに私たちの思いが伝わるこのような機会は大変貴重だと思います。
 今回は、野中さんが守る会のブルゾンを着て初めて街頭署名活動に参加され、熱心に呼びかけて署名をたくさん集められました。署名してくださる方との対話が、私たちを元気付けてくれます。
記念写真

 参加された皆様、お疲れ様でした。 (E・I)
以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)/このままの自然が何時までも続きます様にと願っています。 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告(2014)

●日時:5 /24 (土)15:00~17:00
●参加者:45名:一般4名、キヤノン5名、九産大23名(内教1名)
守る会13名     

回収ゴミ合計61袋: 可燃ゴミ:60袋(人工ゴミ・自然ゴミ共)不燃ゴミ:1袋。粗大ゴミ:タイヤ、倒木2、(杭、小枝、板)約15個、大型座椅子1個、プラスチックパンケー板1個

鳥は、ミヤコドリ2羽、クロツラへラサギ2羽、ダイサギ、マガモ、多数のカラス、ウグイスの声

 今和白干潟では、コメツキガ二が活発で、あらゆる場所に砂団子も大小有り、足の踏み場も無い位に多くなっています。今春生まれたばかりの小さかったカニや、塩生植物の新芽も大分大きく育っていす。アシ原では、アシの新芽が人の背丈以上に伸び緑が際立ち爽やかです。中道には可憐なハマヒルガオが咲き誇り、シャリンバイ、スイカズラの花が良い香りを漂わせています。後背林の緑も随分と濃くなりました。このままの自然が何時までも続きます様にと願っています。
2014_0524JT 画像0050

 本日のクリーン作戦は、初めに守る会山本代表の紹介で、参議院議員の野田国義氏が干潟見学を兼ねて参加されて挨拶がありました。
2014_0524JT 画像0037
2014_0524JT 画像0028
 クリーン作戦には、他の予定が有り参加は叶わなかったのですが、今後は出来るだけ参加されるとの事でした。
今回も、キヤノンの方や一般の方、特に九産大宗像ゼミの方が大勢参加して頂き、重たい物も率先して運んで下さり、市道から~唐原川河口右岸までを効率良く清掃することが出来ました。
2014_0524JT 画像0034
2014_0524JT 画像0041
清掃後は野鳥観察とお茶を飲みながらの歓談を楽しみ解散しました。
参加の皆様、有難うございました。お疲れ様でした。 (S・T)

2014_0524JT 画像0053

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク