12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白小学校4年生の和白干潟自然観察会報告/「おはようございます。また来ましたあ。」 

和白小学校4年生の和白干潟自然観察会報告

日時:2014年1月14日(火)9:30~11:30
場所:和白干潟、アシ原、砂洲
参加者:和白小学校4年生4クラス110名と先生5名、守る会9名

 晴れ時々曇りの穏やかな天候に恵まれ、冬の和白干潟の野鳥観察とアシ原の植物主体の観察会でした。夏の干潟の生きもの観察に続いての2回目の干潟での学習とあって、子どもたちはにぎやかに「おはようございます。また来ましたあ。」と元気いっぱい、やる気満々でやってきました。

 はじめに20分間山本さんが干潟のお話のおさらいと、今日の野鳥観察の見どころについてお話をしました。
和白干潟のお話
 
 続いて8台の望遠鏡で20分間バードウォッチングをしました。
バードウオッチング 
 
 ミヤコドリが8羽群れていて、(なぜか1羽は別の場所にいて、後で合流)鮮やかなオレンジ色のくちばし、白と黒のはっきりした羽の色はわかりやすく、子どもたちは歓声を上げていました。マガモのきれいな緑色の頭頂部にもきれいねと感心し、オナガガモなどの水にもぐって餌をとる様子も熱心に見ていました。1羽のダイシャクシギは、背中を見せてじっとしたままなかなか特徴のある長いくちばしを見せてくれませんでしたが、動いた一瞬、全体を見ることができた女子は「ワア!見えた」と感動の声を上げました。

 アシ原に入り、バラ類のつるに足を取られないよう注意しつつ、センダンの実や、マサキの赤い実、枯れたアシの穂やウラギクの綿毛や植物の新芽、アシハラガニの巣穴などを観察し、砂洲に出ました。おサルの顔のように見えるセンダンの葉痕は、虫眼鏡で見ました。 
アシ原植物観察
アシ原観察
 
 砂洲に出て、様々な鳥たちの足跡を見つけ、大喜びで干潟の中を歩き回り、水の中にも入る子どもが続出しました。
砂洲で鳥の観察

「スコップはないですか?」と質問する子どももいて、寒い冬でも干潟を掘りたい様子でした。
干潟の観察

砂洲から砂浜を歩いてゴミを拾って広場まで帰りましたが、ゴミが大変多く、子どもたちも熱心に拾ってくれてゴミ袋12袋(内燃えないゴミ1袋)にもなりました。子どもたちにもごみ問題は良くわかったと思います。
ゴミ拾い
 
 最後に広場でまとめをし、「またお父さんやお母さんも連れて一緒に来たい」という感想を述べてくれた子どももいました。
まとめのお話

 山下さんが世界、日本、和白の鳥の数クイズを出して、盛り上がりました。みんなよく話を聴き、熱心に観察してくれて良かったと思います。2月に和白小学校で行われる1年間の観察会のまとめの発表会を楽しみに、再会を約束して分かれました。(E・I)

●観察された鳥:ミヤコドリ9羽、ツクシガモ4羽、ダイシャクシギ2羽、マガモ、オナガガモ、カ
ルガモ、スズガモ、ホシハジロ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、イソシギ、ハクセキレイ、モズ、カワラヒワ、ウグイス(声)、ヒヨドリ、シロハラ(声)
●生きもの:ウミ二ナ、ホソウミ二ナ、オキシジミ、オオノガイ、ユウシオガイ
●植物:海藻:オゴノリ
  花:ハマナデシコ1個
  実:センダン、マサキ、シャリンバイ
  穂:ウラギク、アシ

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸→海の広場→アシ原→砂州/暖かいアシ原の中で鳥合わせをしました。 

定例探鳥会報告 和白海岸 - 海岸→海の広場→アシ原→砂州

2014年 1月12日(日) -くもり- 中潮(干潮13:08 満潮8:01)
[観察鳥種] 48種 [参加者数] 22名  

新しい年になって初めての探鳥会は寒風の中行われました。日本野鳥の会福岡支部副支部長の田村さんも挨拶され、多くの鳥たちに出会えることを願ってスタートしました。
探鳥会のようす
和白海岸では、たくさんのカモの群れを見ることが出来ました。水際にはオナガガモが広範囲に渡って300羽ほどいました。
オナガガモ
12月には多く見られていたヒドリガモの姿はなく、ツクシガモも1羽のみ確認出来ました。そんな中、ミヤコドリが9羽確認できたのが嬉しかったです。
ミヤコドリとダイシャクシギ
海の広場へ移動する途中、沖にいるスズガモの群れにさらにたくさんのスズガモが群舞して加わるところを見ました。びっしりといるスズガモは2300羽ほど観察出来ました。
スズガモとハマシギ群舞
海の広場から冬枯れのアシ原を歩きました。ウグイスの地鳴きやシロハラの声も聞こえました。
アシ原の中から観察
砂州に出ると、ハマシギやミユビシギやシロチドリがたくさん走りまわっていました。シギとチドリの見分け方は、くちばしの長い方がシギで短い方がチドリであると教えていただいたので、見分けがつくようになりました。沖の方にはウミアイサが潜ったり出てきたりしていました。海からの冷たい風を受けながらの探鳥会でしたが、たくさんの種類の水鳥たちを確認できたので良かったです。暖かいアシ原の中で鳥合わせをしました。  (Y・K)

【参加者の感想】
・ ツクシガモがかわいかった。
・ ミヤコドリが見られて良かった。
・ シギとチドリの見分け方がわかって良かった。
・ カモが寄り添っているのがかわいかった。
・ ミサゴがカッコ良かった。
以上感動の声でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

和白海域水鳥調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。 

和白海域水鳥調査報告
                             山本廣子

和白海域水鳥調査(野鳥の会福岡)を行いましたので、報告します。
     
日時:2014年1月12日(日)13:00~16:00  曇り
調査範囲:和白海域(和白~奈多~雁ノ巣)

 1/12は午前中が探鳥会でした。探鳥会でも参加者を呼びかけて、午後から水鳥調査を行いました。博多湾東部の冬期シギ/チドリ調査も兼ねて行いましたが、シギチドリ調査の方が範囲が広いので、和白海域のみ調査員が兼ねて調査を行いました。
12水鳥調査
カモ類14種4677羽、カモ類以外の水鳥17種1250羽がカウントされました。
昨年はカモ類13種4407羽、カモ類以外の水鳥19種1103羽でした。カモ類もカモ類以外の水鳥も少し多くなっています。

カモ類1位はスズガモ2303羽、2位はヒドリガモ612羽、3位はオナガガモ506羽、そして4位はツクシガモ494羽でした。昨年よりもヒドリガモやホシハジロが減少しました。昨年12月にはスズガモもヒドリガモももっと多くいました。寒くなりアオサが分解して食物が減り、ヒドリガモが減ってきているのかもしれません。

また北西の冷たい風が吹きつけるようになってきたので、北側に風よけのある雁ノ巣海岸にツクシガモやヒドリガモが多く集まっていました。シギやチドリたちは干潟が大きく出ている和白で見られました。シロチドリ210羽、ハマシギ590羽、ミユビシギ124羽がカウントされました。奈多や雁ノ巣ではオオバン264羽が目立っていました。残念ながらクロツラヘラサギは見られませんでした。

調査は3つのグループに分かれて行いました。調査参加者は9名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2014年冬期シギ・チドリ調査報告/寒い中、調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。 

2014年冬期シギ・チドリ調査報告      山本 廣子

●冬期シギ・チドリ調査2回目を行いましたので報告します。

今津では1/5(日)午前中に調査を行いました。
タゲリ48羽、ハマシギ58羽、アオアシシギ12羽など、11種154羽がカウントされました。他にはヘラサギ2羽、クロツラヘラサギ19羽、ツクシガモ104羽、ズグロカモメ9羽、ミサゴ15羽、カンムリカイツブリ3羽、マガン3羽が観察されました。

博多湾東部では1/12(日)午後に調査を行いました。
ミヤコドリ9羽、シロチドリ265羽、ハマシギ611羽、ミユビシギ124羽など、9種1037羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ15羽、ツクシガモ494羽、ミサゴ2羽、カンムリカイツブリ7羽が観察されました。

9/5の博多湾東部の調査では、海岸のアオサは寒さのために分解して無くなっていました。強風の後でゴミの散乱が多く、カラスも多く見られました。カラスが貝を落とす行動も見られました。

調査参加者は今津が3名、博多湾東部が13名でした。
寒い中、調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。
14.1.12シギチドリ調査

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク