11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

アクアソーシャルフェス共催の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/お疲れ様でした。 

アクアソーシャルフェス共催の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

田辺 スミ子
●日時:6 /28 (土)15:00~17:00
●参加者全員:109名の内・アクアソーシャルフェス関係82名(内スタッフ10名)、九産大生14名、一般3名、守る会10名  ●回収ゴミ合計110袋: 可燃ゴミ:107袋(人工ゴミ20袋・自然ゴミ90袋)
不燃ゴミ:3袋。粗大ゴミ:車のタイヤ1個、
●鳥は、ダイサギ、カラシラサギ1羽、コサギ、カワウ、多数のカラス、ウグイスの声

 今和白干潟では、干潟の生き物たちが活発で、特にコメツキガ二の放浪が見られ、一斉に同じ方向に移動する姿は見ごたえがあります。近くの巣穴に逃げ込みますが、同じ巣穴に2匹入ったりしています。卵を抱いたアシハラガ二や、マメコブシガ二、ケフサイソガ二、ハクセンシオマネキ、場所によっては大きなハマガニも見ることが出来ます。ウミニナも大きな群れで集まっています。
アシハラガニ
本日のクリーン作戦は「アクアソーシャルフェス」で、西日本新聞社主催、守る会共催、トヨタ自動車後援で行われました。トヨタは今年で3年目になり、日本全国50箇所で行われている水をテーマにした地域社会貢献活動です。200回になり、2万人の参加が有ったとのことでした。福岡のトヨタ自動車販売店の3店舗と家族が参加されていて、小さな子供さんも多かったです。
開会の挨拶
清掃では、唐原川右岸、アオサ取り、和白側と3班に分けましたが、アオサ班では、水を含んだアオサは重く運ぶのも大変だった事でしょう。
沿岸の清掃
干潟の清掃
アオサ清掃
アシ原の清掃
1時間清掃した後に、希望者の参加で観察会をしました。植物や干潟の生き物、野鳥観察と分け、干潟の生き物観察では沢山のカニや、海草を観てもらい、アサリなど2枚貝の浄化実験もしました。又沖には沢山のアオサやアサミドリシオグサもマット状に広がっていました。
生きもの観察会
清掃後は参加者の感想と関係者のまとめの言葉、守る会の結果報告の後で散会しました。
参加の皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。(S・T)
記念写真

以上
スポンサーサイト

category: 活動予定

cm 0   tb 0   page top

第25回 和白干潟まつり/ラムサール条約登録をめざして 

第25回和白干潟まつり

バードウオッチング、干潟の生きもの観察、植物観察、ネイチャーゲームなど自然観察を主体としたお祭りです。
自然観察会のほかに海の広場では、写真展、パネル展、ステージではコンサートやマジックショーなども行われています。食事などを提供するお店も出店しており、秋の和白干潟の自然を存分に楽しむことができると思います。お子さまと一緒に秋の休日を楽しんでみませんか。

img-X26090308-0001.jpg

第25回和白干潟まつり

日時:2013年11月17日(日) 11:00~15:15
会場:和白干潟・海の広場(福岡市東区和白4丁目海岸)

※駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください。

問い合わせ:今村・092-942-5282 田中・092-606-5588


category: 活動予定

cm 0   tb 0   page top

もうすぐ「第24回 和白干潟まつり」です!  

もうすぐ「第24回 和白干潟まつり」です!

★干潟には渡り鳥がたくさんやってきました!
鳥の種類:ミヤコドリ、クロツラヘラサギ、ダイシャクシギ、ダイゼン、ハマシギ、ミユビシギ、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、スズガモ、カンムリカイツブリ、オオバン・・・・・他たくさん!!
 バードウオッチングや干潟の生物観察、植物観察、ネイチャーゲームなど自然遊びをしませんか!!
バードウォッチング_R
干潟の生物観察_R

植物観察_R
子どもたち_R

★初登場「くすだひろこ」の手描き<干潟の仲間たち?>のイス(プラカゴ再利用)!!  
昨年から木のベンチを置き、好評でしたので、今年はさらに10個素敵なイスを用意します。
 山本廣子代表(画家くすだひろこ)が干潟の鳥やカニ、植物たちのいきいきした手描きの絵板を描き、プラカゴ再利用のエコロジーなイスです。このアイディアと制作は、実行委員の山之内です。とっても可愛い、素敵な色遣いと実行委員が感動しています。イス取りゲームになるのでは???
イスの絵ミヤコドリ_R
イスの絵ハクセンシオマネキ_R
イスの絵ハママツナ_R

★お楽しみバザーや模擬店情報
和白干潟を守る会の活動に賛同する環境意識の高い18の団体や個人が出店・展示をします。
 焼きソバや豚汁、おでん、ぜんざい、パン、コーヒー、野菜などのお店のほか木工品、手づくりお菓子や手づくり小物、リサイクル衣料、野鳥カレンダー、ひもくじ、フィリピンやチェルノブイリなど海外支援活動団体のお店もあり多彩です。
模擬店_R

★ステージに新登場の出し物も!  
12時から14時まではステージで楽しいプログラムを用意しています。
 南米音楽演奏「モジャッコ」、子ども劇場の子どもたちのわらべ歌合唱、フラダンス「ラウレア」(和白干潟周辺の皆さんです)、和白干潟テーマのエプロンシアター、マジックショー「いきいきマジック」。
 実行委員長の山本が司会と出演(フラダンス、マジックショー)をします。
ステージ・ミニシアター_R

★開会式には市長からのメッセージも届いています。
★参加者の一言アピール、海に向かってみんなで手をつなぎ歌を歌う「手をつないで」、干潟のお掃除もあります。
★閉会式では、「ラムサール宣言」を採択します。
★「和白干潟のラムサール登録を目指して」署名活動にご協力下さい!!

盛りだくさんの「和白干潟まつり」にぜひおいでくださいね!!    ※「和白干潟まつり」の写真は昨年のものです。

category: 活動予定

cm 0   tb 0   page top

第24回 和白干潟まつり/11月25日 和白干潟・海の広場 

干潟祭り1

category: 活動予定

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク