FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。 2018年1月 和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2018年12月和白干潟クリーン作戦と自然観察 

2018年12月  和白干潟のクリーン作戦と自然観察 報告  田辺 スミ子
           
●日 時:12月15日(土)15:00~17:00
●参加者:29 名: 一般18名(九産大3名・九産大澤田ゼミ10名、西日本シティ銀行和白支店3名、他1名、ベトナム人留学生1名)
守る会11名
●回収ゴミ:146袋:可燃ゴミ:袋:145袋、(人工ゴミ:15袋、草木・アオサ:130袋)
           不燃ゴミ1袋
●見られた鳥:ミヤコドリ23羽、ダイシャクシギ1羽、クロツラヘラサギ5羽、ミサゴ1羽、ツクシガモ45羽、
マガモ、オナガガモ、スズガモ、カワウ900羽

13 ミヤコドリとダイシャクシギ_R

14 クロツラヘラサギ_R

本日のクリーン作戦は、朝冷え込んでいたので、参加者が少ないのを覚悟して海の広場に向かいました。
しかしいざ初めると、思っていたより多くの方の参加が有りました。
朝家を出るときにはカイロを背中に貼り着こんで出かけましたが、午後は日差しもあり風もなくて、段々と暖かくなりました。
始める頃には、着ている物を1枚脱ぐ程に暖かくなりました。
今回は主に、アシの上に被さっていたアオサと草木を取りましたが、その下には小さなアシの芽が隠れていました。
広場前のゴミは少なくて、唐原川河口右岸手前までをいつもの様にソリ、一輪車、リヤカーでゴミを運び、清掃しました。

19 清掃のようす1_R

20181215清掃のようす

一見綺麗になりましたが、アオサの被さった草木はまだまだ沢山残っていて残念です。
清掃後には鳥を観察して貰いました。まとめの感想では、数名の学生さんに「これからも続けて参加したい」との言葉を頂きました。

21 まとめのようす_R

記念撮影後に散会しました。

20181215記念写真

参加された皆様、ありがとうございました。
 和白干潟では紅葉も終わり頃です。アシ原や海の広場付近には、沢山の木の実が生っています。
クコ、シャリンバイ、マサキ、アキグミ、ナンキンハゼ、ツルウメモドキ、ネズミモチ、アオツヅラフジ等の実が濃い色に色づいていて
小鳥たちを誘っているのでしょうか。

1 紅葉の終わり頃_R


2 クコの実_R

3 シャリンバイ_R

4 マサキ_R

5 アキグミ_R

6 ナンキンハゼ_R

7 ツルウメモドキ_R

8 ネズミモチ_R

9 アオツヅラフジ_R

ここでは海の鳥も山の鳥も、多くの種類を観ることが出来ます。
アシやダンチクの穂も細くなってはいますが、寒さに耐えながら次の世代へと引き継ぐ準備をしている様です。

10 アシの穂_R

11 ダンチク_R

私たちが海の広場に着いたときには、和白干潟の正面には真っ黒になる程のカワウの群れが羽を休めていました。
12 カワウの群れ_R

ツクシガモも大分多くなって来ました。現在では70数羽が飛来しており、もうしばらく観る事が出来ます。
ゴミを運ぶ途中で、砂に潜っていたウミニナが暖かくなり一斉に上に這い出してきて、体いっぱい砂を付けたままで食事をしているのを見つけました。
15 ウミニナ_R

又、砂の上にできた不思議な模様を見つけました。近くにはカモや小さなシギ、チドリ達の足跡も沢山有りました。

16 ふしぎな模様_R

17 カモの足跡_R

18 シギやチドリの足跡_R



スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

定例探鳥会報告 和白海岸 

定例探鳥会報告 和白海岸
和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲
2018年12月9日 -曇り-
【観察鳥種】33種
【参加者数】17名  守る会6名


昨日から急に真冬の寒さになりました。満潮前の潮で、海の広場方面に向かいました。海は北西の季節風で、沖は白波が立っています。
また雁ノ巣から奈多にかけての沖合では蜃気楼が起こっていて、水平線が波立ち対岸の家が背伸びをしているようでした。
ツクシガモの飛来が遅れていましたが、今日は31羽を数えました。
1 ツクシガモ_R

ダイシャクシギも1羽が来てくれました。ミヤコドリは25羽。
2 ダイシャクシギ_R

3 ミヤコドリ_R

マガモ、オナガガモなどの淡水ガモの求愛かと思いましたが、交尾の写真をKさんが見せてくれました。
4 オナガガモやマガモ_R

波高く、沖合のスズガモは少なめでした。ホオジロガモも確認できませんでした。
カンムリカイツブリも控えめで、波が荒いと湾奥に避難するのかな?
アシ原の中道を歩きました。入口ではジョウビタキが迎えてくれました。
5 ジョウビタ キ♂_R

紅葉はだいぶ落ちてしまい、冬の様子です。
シャリンバイやマサキ、ネズミモチなどの実が生っていました。アキグミの赤い実を皆で食べてみました。
甘渋い味がしました。ウラギクのまあるい穂が可愛くて、アシの穂もホクホクにふくれています。
6 シャリンバイの実_R

7 マサキの実_R

8 ネズミモチの実_R

9 アキグミ_R

10 ウラギクの穂_R

樹林帯ではヒヨドリやモズ、メジロ、シロハラなどが鳴き、ウグイスの地鳴きも聞こえます。
11 モズ_R

12 ウグイス_R

砂洲に出て、ヨシガモなどを近くで見ることができました。
13 ヨシガモ_R

15 観察のようす_R

台風などでアオサが減ってしまい、アオサを食べるヒドリガモが減ったように感じます。
今日は久しぶりに香住ケ丘の親子が参加して、元気な1年生男子がたくさん質問しました。
皆も元気になります。(山本廣子)

【参加者の感想】
◇ミヤコドリが見られて良かった。
◆鳥の種類も数も多かった。
◇ヨシガモが可愛かった。
◆アキグミを食べたり貝殻が拾えて良かった。
◇ダイシャクシギが良かった。
◆ツクシガモが見られて嬉しかった。

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

2018年度 冬期シギ・チドリ調査1回目報告 

2018年度 冬期シギ・チドリ調査報告    山本 廣子

●冬期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

今津では12/2(日)午前中に1回目の調査を行いました。
シロチドリ4羽、タゲリ13羽、ハマシギ93羽、アオアシシギ2羽、イソシギ5羽、タシギ2羽の、6種119羽がカウントされました。
他にはヘラサギ3羽、クロツラヘラサギ22羽、ズグロカモメ5羽が観察されました。
博多湾東部では12/4(火)午後に1回目の調査を行いました。
ミヤコドリ24羽、シロチドリ16羽、ハマシギ35羽、イソシギ8羽、ダイシャクシギ1羽の、
5種84羽がカウントされました。
12 調査のようす_R

13 ダイシャクシギ_R

14 4ミヤコドリ・ダイシャクシギなど_R

他にはクロツラヘラサギ27羽、ツクシガモ3羽、ミサゴ10羽、カンムリカイツブリ43羽が観察されました。
15 ミサゴ_R

12/4の博多湾東部は風が強かったです。全体にアオサは少なくなっていましたが、
奈多や雁ノ巣の沿岸にはアオサが残っていました。
1 奈多海岸のアオサ_R

奈多の護岸の道にはセンダンやトベラ、シャリンバイ、マサキなどの実がたくさん生っていました。
2 センダンの実_R

3 トベラの実_R

4 シャリンバイの実_R

5 マサキの実_R

多々良川ではキンクロハジロ300羽が見られました。
和白干潟には1000羽以上のカワウが干潟に上がっていました。
カンムリカイツブリが多く見られました。
6 カワウの群_R

7 カンムリカイツブリ_R

奈多は潮が引いておらず干潟が出ていないので、シギたちがいませんでした。
オオバンやヒドリガモがたくさんいました。
8 オオバンとヒドリガモ_R

雁ノ巣にはクロツラヘラサギやシロチドリ、ハマシギなどがいました。
9 クロツラヘラサギ_R

10 ハマシギ_R

香住丘側から見た人工島の護岸付近で工事が行われていました。
11 人工島の工事_R



調査参加者は、今津が2名(箱田夫妻)、博多湾東部が6名(山之内、山口、山本、田辺、荒牧、坊薗)でした。
調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

第30回和白干潟まつり報告 

第30回和白干潟まつり報告     
日時:2018年11月25日(日)8:50~17:00 晴れ 気温最高19度
場所:海の広場 参加者:約550名。

第30回和白干潟まつりを祝福するような晴天の中、500名を超える参加者がありました。
今回は新しいブースもあり、マリンワールドのタッチプールと次のお絵かきコーナーや自然遊びコーナーもにぎわっていました。
ステージも今回はペル―人の方の演奏をしながらの合唱もあり、国際的な感じもしました。
暖かい干潟の前で一日楽しくゆったりと過ごすことができ、豊かなつながりが広がったのではないでしょうか。
観察会に来ている和白小5年生がたくさん来てくれたことも励みになりました。
反省会や後片付けなど、最後まで力を合わせて頑張ることができました。

<開会式>11時開会。
1 開会挨拶_R2 開会式_R

実行委長、支部委員長のあいさつに続き、今回は30回の節目を祝って「ミニくすだま割り」を行った。市長からのメッセージ代読。
3 くす玉割り_R4 市長メッセージ代読_R

特別ゲストは沖縄の「泡瀬干潟を守る会」前川事務局長が干潟保全の現状を話され、野田国義参議院議員などが祝辞を述べられた。
5 ゲスト挨拶_R6 来賓挨拶_R

続いて長年の協力者の方々に感謝状贈呈を行った。
7 感謝状贈呈_R

<バードウォッチング>
日本野鳥の会福岡支部:田村、成田、片山講師の指導で、林の中の鳥20種、海の鳥29種の49種を確認。
約100名が参加。
<自然あそび>
堀講師の指導で、「カモフラージュ」「食う・食われる」のネーチャーゲームを体験。
子ども7名、大人9名の参加。大人が一生懸命になって楽しんでいた。
8 バードウオッチング_R9 自然あそび_R

<植物観察>
専門家が確保できず、守る会の植物に詳しい田中、荒牧さんが指導。
同じく植物に詳しい埼玉の河内さんも応援に加わってアシ原の奥のヒトモトススキまで行くことができた。
ハママツナをかじったり、田中さんのハマニンニクを乾燥させて編んだ籠の紹介もあった。
子ども6名、大人6名参加。
<干潟の生き物観察>
藤井講師の指導で、子ども15名、大人12名参加。
潮の引いた干潟に入りカニを探したが、寒くなったのでなかなか見つからなかった。
10 植物観察_R11 干潟の生物観察_R

<写真展・パネル展>
今年はきれいな形でレイアウトできた。写真は12枚。
和白小学校5年生が観察会の様子と感想文をパネルにしたものを子供たちが見に来て喜んでいた。
保育園児の絵など好評だった。暖かだったので、ゆっくりと見てもらえた。
12 写真展_R13 パネル展_R

<模擬店・バザー・展示>
出店16。食べ物関係5店。いずれも好評で、完売。
14 模擬店_R15 バザー_R16 展示_R

今年は初めて「マリンワールドのタッチプールと和白海域の魚の展示」が加わり、子供たちに大変人気だった。
初めて恐る恐る触る子供たちの様子に親も喜んだ。
17 タッチプール_R18 魚の展示_R

<守る会新設コーナー>
タッチプールの隣に設置した「お絵かきコーナー」は
子供たちにタッチプールの生き物などの絵を描いてもらい、その場で掲示し、大変にぎわった。
「自然あそびコーナー」は、自然あそびの堀講師に依頼して設置し、
守る会のガイド講習会で人気だった自然を感じる遊び(食味体験、草バッタつくりなど)を教えてもらって、大人が喜んでいた。
19 お絵かきコーナー_R20 自然遊びコーナー_R

<ステージ>
6グループがステージに参加した。「もじゃっこ」はペルー人メンバー2人と
西戸崎のオカリナ奏者の参加もあり、南米音楽や海のメロディを楽しんだ。
「うたごえサロン」は10名参加して「ミヤコドリ」や「海」を皆で歌った。
21 ステージ(もじゃっこ)_R22 ステージ(うたごえサロン)_R

「エプロンシアター」は森さんと池田支部長のコンビで「和白干潟の生きものたち」を演じ、
紙芝居「ひがただいすき」を有江さんが演じた。
23 ステージ(エプロンシアター)_R24 ステージ(かみしばい)_R

「九州青年合唱団」は9名で「和白の春」や沖縄の歌など5曲を歌った。
「マジックショー」は4人のグループでリレーマジックをした。
和白干潟のマジックや可愛い傘のマジックが華やかだった。
いつもに比べ、観察に子どもが多く参加したため子どもの見学が少なかった。
25 ステージ(九州青年合唱団)_R26 ステージ(マジックショー)_R

<一言アピール>
6団体が活動紹介や、催し物についての予告をアピールした。
<手をつないで>
山本代表の他、元保育所勤務の有江さん、中野さん、坂本さん、森さんが指導し、大勢で手をつなぎ、
海への思いを楽しく表現した。
27 一言アピール_R28 手をつないで_R

<干潟の掃除>
30名が参加。浜辺のアオサを30袋回収したが、ハママツナが抜いて捨てられていたのには驚かされた。
<閉会式>
ラムサール宣言は、今年は田浦さんが読み上げ、今年10月に日本で2か所がラムサール登録されたことを踏まえ、
早急に和白干潟の登録実現を求め、参加者一同の大きな拍手で採択された。
29 干潟の掃除_R30 閉会挨拶

<反省会>
出店者、イベント担当者が集まり、意見交換した。
晴天に恵まれたこと、感謝状贈呈へのお礼の言葉を頂いた。
初めて参加のマリンワールドからも感想や次回にむけての意見が出された。
全員次年度の第31回開催を確認した。
<後片付け>
テント、機材なども手早く片づけられ、収納も手早くされた。
その他:TNCTVが取材、夕方のローカルニュースで放映された。
毎日新聞記者の取材があり、翌日の朝刊に掲載された。

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

2018年11月  和白干潟のクリーン作戦と自然観察 報告/鳥たちに会える日々はとても嬉しいです 

2018年11月  和白干潟のクリーン作戦と自然観察 報告
           
●日 時:11月24日(土)15:00~17:00
●参加者:162名 :福工大付属城東高校129名・ 一般17名(九産大5・宗像ゼミ2、西日本シテー銀行和白支店1、他9)守る会16名
●回収ゴミ:228袋、可燃ゴミ:225袋(人工ゴミ:25、アオサ等200袋)、不燃ゴミ:3袋
●観られた鳥:ミヤコドリ25羽、ハマシギ・シロチドリなど混群約200羽、ダイシャクシギ1羽、ミサゴ1羽、ツクシガモ1羽、マガモ、ヒドリガモ、カルガモ、スズガモ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、

本日のクリーン作戦は少し寒かったのですが風が強くなくて助かりました。城東高校より大勢の生徒達がボランティアで来てくれましたが、先生5名で遠方より引率して下さいました。
1 城東高校生_R

干潟まつり前日なので守る会会員も会場整備班と、清掃班に分かれて作業をしました。広場前は綺麗になりました。生徒達は、和白川方面と唐の原川方面に学年で、2班に分かれて清掃をして貰いました。
2 清掃のようす1_R
3 ゴミ集積場_R

ハママツナやアシに被さったアオサや、流れ着いたアシなどの草木を取り除き、ソリ、一輪車、リヤカーで運びました。それでもまだまだ多く残っており、冬の間に取り除いてしまわないと下の方がヘドロ化してしまいます。生徒の中には干潟が珍しいのか、沖の方まで行ってしまう子も何人かいました。今月は特に、一般参加の方も多くてスムーズに作業が出来ました。又沖縄から泡瀬干潟を守る会の方、関東から自然保護協会の方も来てくださいました。野鳥観察後に、初めての方の感想などを聞きました。最後に記念撮影を撮り散会しました。参加された皆様有難うございました。

今、和白干潟では、アシやダンチクの穂も綿毛っぽくなり、アシ原中道ではクコやノイバラの実が赤く色付き、シヤリンバイは濃い藍色になりました。
5 アシの穂_R
6 クコの実_R
7 ノイバラの実_R
8 シャリンバイの実_R

広場辺りにはナンキンハゼ、ハマボウ、ハママツナ、イソホウキギなどが紅葉しており、とても美しい季節になりました。
9 ナンキンハゼ_R
10 ハマボウ_R
11 ハママツナ_R
12 イソホウキギ_R

未だ遅咲きのウラギクも見ることが出来ますが、やがてはフワフワの綿毛になり種を落として来年に備えます。
13 ウラギクの花_R

鳥達もこれからまだまだ増えると思いますが、心配して待っていたダイシャクシギが来てくれました。ツクシガモも1羽やってきました。今のところカンムリカイツブリやスズガモが多い様に思います。ハマシギ、シロチドリなどの混群、クロツラヘラサギ、ミヤコドリにも会えます。
14ハマシギ・シロチドリ_R

鳥たちに会える日々はとても嬉しいです。(S・T)
4 記念写真_R

以上

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク