FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。 2019年1月 和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 

和白川河口→塩浜護岸→五丁川河口→奈多入口
2019年1月13日-曇り時々雨や晴れ間-
【観察鳥種】49種
【参加者数】13人 


雨が降ったり晴れたりして不安定な天候でした。朝は虹も出ていました。雨の合間に奈多方面に向かいました。葉を落としたセンダンの木の実が目立ちます。和白川河口を出たところで、水際にツクシガモやミヤコドリ等が見られました。ヘラサギやクロツラヘラサギも寝ていました。ダイシャクシギもいます。暖かいので遠くの唐原川方面は靄でかすんでいます。

1 センダンの実

2 ツクシガモ

3 ヘラサギ

4 ダイシャクシギ

塩浜護岸の生垣にはツルウメモドキやトベラ、シャリンバイの実が生っています。生垣の松やトベラなどの木々が密植しており「見えないねえ」などと話しながら歩きました。松の木の間に少し見える海には、ツクシガモがたくさん浮いています。ヒドリガモやヨシガモも見えました。もっとしっかり見たいですね。

5 ツルウメモドキの実

6 トベラの実

7 シャリンバイの実

8 ヒドリガモ

五丁川河口のカネンテ(池のように膨れた川)では、タシギが元気に食事中でした。イソシギもいました。河口先の見晴台で、和白干潟沖合のスズガモやホオジロガモ、カンムリカイツブリなどを観察しました。奈多付近ではオオバンが1000羽くらいに増えており、驚きました。天候不順の中、何とか探鳥会ができました。

9 タシギ

10 イソシギ

11 スズガモ

12 観察のようす

(山本廣子)

【参加者の感想】
◇ミヤコドリが良かった。
◆場所によって鳥の種類が違うと思った。
◇ホオジロガモが可愛かった。
◆オオバンの数がすごい。
◇スズガモが多い。
◆ツクシガモが見られて嬉しかった。
◇タシギが見られて良かった。

スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

2018年 和白干潟を守る会 事務所大掃除 報告 

2018年 和白干潟を守る会 事務所大掃除 報告  山本 廣子 
                                                     
日 時:2018年12月26日(水)10:00~12:30 小雨
場 所:きりえ館(事務所)
参加者:8名参加

弱い雨の降る中、皆できりえ館や古いアトリエ、倉庫などの掃除をしました。
1年間、和白干潟を守る会事務所として使い、干潟まつりやクリーン作戦の用具の保管や
コピーの場所として、古いアトリエや倉庫を使っています。
また観察会に来た保育園児やグループなどの室内学習の場所としても活躍してくれた
きりえ館などの大掃除を、皆で取り組みました。
どの場所をするのかは事前に定例会議の自己申告で決めていますので
それぞれの持ち場を清掃しました。外回りの窓の清掃もしました。
1年間のお礼を込めて、トイレ、流し場周辺、棚、空調器具、照明器具、床、階段
2Fギャラリー、入り口や下駄箱、イスの足袋の取り換え、窓ガラスの内側などなど
皆楽しく頑張りました。古いアトリエの床や倉庫の土間も清掃しました。
きれいになって、とても気持ちがいいです。

清掃が終わりお腹がすいてきたので、昨日の望年会の残りのおにぎり、おかず、サラダ
お菓子などを、おしゃべりしながら皆でいっしょに食べました。
1年間お疲れ様でした!
きりえ館の大掃除も有難うございました! 
                                             
来年は31年目です。希望に満ちた、楽しい一年となりますように!
来年が守る会にとっても、皆様にとっても、良い年でありますように!
来年もどうぞよろしくお願いします!!

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告 
●日 時:3月23日(土)15:00~17:00
●参加者:19名:一般11名、守る会8名
●回収ゴミ:150袋: 可燃ゴミ:149袋、(自然ゴミと人工ゴミ:149袋) 不燃ゴミ1袋
●粗大ゴミ:小型ストーブ 1個
●観られた鳥:ミヤコドリ24羽、マガモ、オナガガモなど淡水ガモ、カワウ約1400羽
       ツグミ11羽、  朝の下見の時にはアオサギ13羽、シマアジ数羽
●潮干狩り人数:62名(17:00頃)

本日のクリーン作戦は、昨日からの西寄りの強風と、大潮が重なり海の広場入口近くまで波が押し寄せ、後には枯れたアシの茎や落ち葉などが、一面に広がっていました。
始める前までは、海の広場付近の打ちあがった自然ゴミの草木だけを片づけるのがやっとかな?と思っていましたが、思いのほか一般の参加の方が多くて、清掃の範囲を広げることが出来ました。
場所によってゴミの集まり方が大分違っており、何時もの砂洲を越えた辺りから、ちぎれたビニール系の人工ゴミが多く絡んでいました。
アシの上や草の根元にある小さくちぎれて枯れた茎を手で集め、一リン車、ソリ、リヤカーで運びました。多い所には一回で、リヤカーや一輪車いっぱいになることも有りました。
今回は西区の方、香椎の夫婦の方、筑紫女学園高校の生徒、シティ銀行の等、又「あすみん」の紹介で一般参加が有りました。
最後にお茶を飲みながら野鳥を観て貰い、本日の成果などを報告した後で、初めての方などの感想をお聞きしました。
初めて参加の女学生:初めてボランテァに参加して楽しかった。小さいお菓子の包装が多かった。オゴノリを初めて見た。干潟の生き物を初めて見た。清掃活動は楽しかった。
西区の方:初めて和白干潟に来てとても良かった。香椎の方:ゴミがとても多かったが近いのでまた来たい。嬉しいことに機会があったらまた参加したいとの感想が多かったです。
その後、記念写真を撮って散会しました。
今和白干潟では、アシの細いタケノコみたいな尖った新芽や、ハマニンニクが穂を出して花を咲かせていました。アシ原中道や、海の広場前辺りにハマダイコンの花が咲いています。
またびっしりと生えた小さなハママツナの新芽も大分伸びてきて目立つようになりました。出る場所によって、赤や、黄緑の色をしていてとても可愛いです。
後背林には山桜が何本か有りますが、どの木も満開になっていて、他の木々が芽吹く前で一段と品よく目立っていました。側にはナワシログミの実も薄く色づいていました。
鳥たちの声も沢山聞こえておりツグミも11羽が干潟に出ていました。
参加された皆様お疲れ様でした。有難うございました。
(S・T)

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告 

和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告 
●日 時:2月23日(土)15:00~17:00
●参加者:15名 : 一般3名、守る会12名
 
●回収ゴミ:46袋:  自然ゴミ:22袋・人工ゴミ:21袋、 不燃ゴミ3袋
●粗大ゴミ:倒木1本・枝等5本、発泡スチロール浮き1個、ビニール製養生シート1個、ベニヤ板1枚、寝具用マット1個,椅子1個、小型テント1個、

●観られた鳥:ミヤコドリ23羽、ツクシガモ1羽、マガモ、オナガガモ、カルガモ、ダイシャクシギ1羽、ミサゴ3羽、クロツラヘラサギ3羽、ダイサギ、アオサギ、ウグイス(上手に鳴いていた)カワウが1000羽位飛んできて又何処かに移動した。
0223kurotura.jpg

本日のクリーン作戦は、先月は悪天候のために中止しましたので、そのせいか沢山の人工ゴミが打ち寄せられていました。風が少し有りましたがとても穏やかでした。
海の広場前の人と、唐原川河口右岸奥迄の人と、2手に分かれて沢山の人工ゴミと、自然ゴミを集めることが出来ました。九産大の宗像先生も個人で参加して下さいました。
とても嬉しかったです。野鳥など観て貰いお茶を飲みながら感想を聞き、最後に皆で記念撮影をして散会しました。
今和白干潟では、海の広場前に小さなハママツナの新芽が彼方此方に、びっしりと赤や緑色が出始めていてとても可愛いです。アシ原中道には、ナワシログミの実も大分色付いてきました。
ツルナの黄色い花や、ハマダイコンの花も咲いています。ハマナデシコの新芽も大分大きくなり、ゴミの下には大分大きくなったアシの新芽が観られました。
マサキは実を落とし葉が何故か赤く色づいていました。ハマウドは一番大きくて他の植物より目立ちます。後背林では葉を落とした木々達が、小さな新芽を枝先に準備して春の光を待ちわびています。
干潟では砂に潜っていたウミニナ達も、穏やかな日中に表に出て動き出しているのもいる様です。カモ達の足跡も沢山観ることが出来ます。

感想:●初めて参加したが、ゴミが多く、人工ゴミが多いのに驚いた。
   ●特に、ストローなどのプラスチック類が多いのにびっくりした。   
   ●もう少し環境を考えて行きたい。今は学生が春休みなので次回は学生も参加できるでしょう。

 参加された皆様有難うございました。
(s・t)

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

2018年度 冬期シギ・チドリ調査2回目報告 

2018年度 冬期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●冬期シギ・チドリ調査2回目を行いましたので報告します。全国一斉調査になります。

今津では2019年1/6(日)午前中に2回目の調査を行いました。
タゲリ52羽、ハマシギ96羽、アオアシシギ9羽、イソシギ2羽、ソリハシシギ5羽の、5種164羽がカウントされました。
他にはヘラサギ9羽、クロツラヘラサギ15羽、ミサゴ1羽、カンムリカイツブリ2羽が観察されました。

博多湾東部では1/18(金)に2回目の調査を行いました。
ミヤコドリ25羽、イソシギ10羽、ダイシャクシギ1羽、タシギ1羽の、4種37羽がカウントされました。
他にはヘラサギ2羽、クロツラヘラサギ12羽、ツクシガモ247羽、ミサゴ5羽、カンムリカイツブリ2羽が観察されました。
1/18の博多湾東部は晴れて暖かく、調査はしやすかったです。今冬は暖かくて、和白川河口から奈多にかけての干潟にアオサが発生しており、
アオサを食べるヒドリガモなどが多くいました。ハマシギ等の小型シギ・チドリ類は今日はほとんど見られませんでした。どこへ行ったのでしょうか?
ミヤコドリは和白川河口付近に25羽いました。沿岸の木では、センダンの実やシャリンバイの実がまだ多く残っていました。
センダンの木にはツルウメモドキが巻き付いていて、赤い実が生っていてきれいでした。アキグミの実も甘く熟れていました。
多々良川ではイソシギの水浴びが見られました。今回の博多湾東部の調査は、野鳥の会福岡支部の「和白海域水鳥全種調査」も兼ねて行いました。
調査参加者は今津が3名、博多湾東部が6名でした。
調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

category: 活動紹介

cm --   tb --   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

リンク