11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口→海岸→海の広場→アシ原→砂洲-/冬の和白干潟やアシ原を満喫できました 

定例探鳥会報告 和白海岸 -和白川河口→海岸→海の広場→アシ原→砂洲-
2014年 12月14日(日) -曇り時々晴れ 北西風強し- 
小潮(干潮 8:18 満潮 14:49)
[観察鳥種] 50種 [参加者数] 10名

 寒波で寒い日でした。干潮後で探鳥コース決めに迷いました。参加者に意見を聞き、和白川河口まで行って鳥を見てから、海の広場方面に行こうということになりました。
探鳥会のようす
 和白川河口付近ではヒドリガモやカワセミも見られ、干潟にはミヤコドリやダイゼンやハマシギ、淡水ガモたちもいました。カモたちは風を避けて河口や湾に入り込んでいます。
ミヤコドリ
ヒドリガモ
 先日120羽いたツクシガモも雁ノ巣や唐原川河口などに散らばっています。日差しが出ると逆光でまぶしくて見えにくいので、海の広場方面に行くことにしました。ジョウビタキやツグミ、シロハラなどの冬鳥が多くなりました。
ツクシガモ 
 和白4丁目の海岸に出て干潟を歩きました。クロツラヘラサギは2羽が雁ノ巣の桟橋付近に見えました。スズガモの群れも雁ノ巣の湾内に入っていました。ズグロカモメ(初認)が1羽飛んだり降りたりしていました。干潟には強風のため、美しい波の跡ができていました。沿岸のアオサは低温で茶色になり小さく分解して、沿岸のアシの上に盛り上がっていました。海の広場ではアオジやメジロがいてウグイスの地鳴きが聞こえます。冬枯れのアシ原を砂洲まで歩きました。シロハラの声が盛んに聞こえます。センダンやシャリンバイ、マサキの実が生っていました。
シャリンバイの実
マサキの実
ウラギクの綿毛
 
 砂洲に出て、唐原川河口にいるツクシガモやヨシガモを近くで見ることができました。寒いのでアシ原の中に入り、鳥あわせをして解散しました。冬の和白干潟やアシ原を満喫できました。(山本 廣子)

【参加者の感想】
・ズグロカモメを初めて見られて良かった。
・ツクシガモがきれいだった。
・ミヤコドリが近くで見られた。
・今日のコースが良くて、たくさん鳥が見れた。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2014年冬期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2014年冬期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●冬期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

今津では12/7(日)午前中に1回目の調査を行いました。
タゲリ36羽、ハマシギ73羽、タシギ9羽など、9種137羽がカウントされました。他にはヘラサギ3羽、クロツラヘラサギ18羽、ツクシガモ1羽、ズグロカモメ4羽、ミサゴ3羽、カンムリカイツブリ3羽が観察されました。

博多湾東部では12/4(木)に1回目の調査を行いました。
ミヤコドリ9羽、ダイゼン5羽、ハマシギ149羽など、5種173羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ13羽、ツクシガモ26羽、ミサゴ2羽、カンムリカイツブリ12羽、ハヤブサ1羽が観察されました。

12/4の博多湾東部は寒波のため小雨が降り、海辺は風が強かったです。途中から天候がだんだん良くなって、うす曇りになりました。雁ノ巣海岸のアオサが北西の強風で運ばれてなくなっていました。多分そのアオサが和白海岸や唐原海岸に打ち寄せたのだと思いますが、多く積もっていました。アオサは寒くて小さくちぎれています。香椎海岸ではまだ海水が引いておらず、岩の上にカワウやカモたちが休んでいました。トビやミサゴもいてミサゴは自分より大きな魚を足で抑えて、身をむしって食べていました。多々良川右岸の改築工事は完了していました。奈多の護岸が一部工事中でした。雁ノ巣にはミヤコドリやハマシギの群れがいましたが、ハヤブサが襲って来て、カモたちと一緒に鳴きながら逃げ回っていました。

調査参加者は今津が3名、博多湾東部が6名でした。
調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

14 12 4調査のようすブログ用 (2)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

精華女子短大2年生和白干潟観察会報告/環境を守って貰える人に成って下さいと結ばれました 

精華女子短大2年生和白干潟観察会報告
                                                     
日時:2014年11月30日 (日)13:30~15:30 雨 
参加者:精華女子25名と先生1名 守る会:4名 

予報に反して昼前より雨が降り出してしまいました。雨が降る中、女学生達は少し遅れて事務所に到着しました、同時に賑やかになり、事務所の中は若い娘達でいっぱいになりました。席に着く前に資料のリーフレットを一人ひとりに取って貰いました。席に着くと、先ず山本さんが手袋と手縫いのミヤコドリとクロツラヘラサギの人形を使い挨拶をされ、守る会ガイドが自己紹介をしました。
挨拶
和白干潟紹介
次の室内講義では、紙芝居を使って和白干潟の話を丁寧にされました。来年からは、保育園などの先生になる生徒達だけにまじめに聞いていました。14:10頃小雨になり、干潟に移動しましたが、着くと急に雨脚がひどくなり、本降りに成りました。土砂降りの中傘をさしながら望遠鏡で、クロツラヘラサギやカモを約15分間見て貰いました。お天気が良ければ生徒達には、生きものや、アシ原の植物、鳥たちも時間をかけて見て貰えたのに残念でなりませんでした。
バードウオッチング1
バードウオッチング2
バードウオッチング3
又事務所に移動し、プロジェクターを使って、和白干潟の四季や生きもの、渡り鳥、植物の紹介をしながら、ここでしか見られないなど特徴を強調されました。
室内講義
最後に質問、感想を貰いました。天気の良い時に個人で来たい子や、雨だったけど干潟を見られて良かった、など和白干潟が重要であることの認識をして貰えたようです。次に2班に分かれて2階のきりえ作品を見て貰い、それぞれの待ち時間にラムサール条約の署名をして貰いました。
ギャラリーにて
時間があったので「ひがただいすき」を山本さんが心を込めて読み、環境を守って貰える人に成って下さいと結ばれました。
絵本読み聞かせ
最後にみんなでミヤコドリの歌をうたって観察会を終了しました。(S・T)

以上
 
観察された鳥:   クロツラヘラサギ5羽、淡水ガモ(マガモ)海ガモ
観察された生きもの:ウミニナ、コメツキガニの巣穴
観察された植物: ハママツナの紅葉 

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

西戸崎小学校5年生60名と先生2名の和白干潟観察会報告/子どもたちは干潟がとても楽しそうでした 

西戸崎小学校5年生60名と先生2名の和白干潟観察会報告

日時:2014年11月28日(金) 9:15~11:10 曇り 小潮 満潮14:23 干潮7:28
場所:和白干潟・海の広場
守る会ガイド:4名

11月末の観察会で、干潟の生きものたちがいるかどうか心配されましたが、穏やかな日和で浜辺にはコメツキガニの砂団子があり一安心しました。
潮が満ちてくる時間帯での観察会だったので、はじめに自己紹介が終わると、直ぐに干潟の生きもの観察に入りました。
まず、砂浜でコメツキガニの巣穴や砂団子を紹介、干潟に入るとアカエイが掘ったくぼみやゴカイの巣穴、そして巣穴の掘りかたなどを説明しました。
生きもの観察
子どもたちはスコップで干潟を掘りながら生きものを探しています。コメツキガニやゴカイ、オキシジミ、ソトオリガイなど次々と見つけてきます。沖合ではアサリもたくさん見つかりました。子どもたちは干潟がとても楽しそうでした。
その後、海の広場で干潟のはなしとバードウオッチング。
干潟のお話
野鳥観察1
カモたちも沢山おり、唐原川方面にはミヤコドリやクロツラヘラサギ、正面沖合の杭の上にはミサゴ、沖合にはスズガモの群れがおり、色んな鳥を見ることができました。望遠鏡で大きく見える鳥たちには子どもたちもびっくり。バードウオッチングの最中、後ろの方ではバケツの中のカイやカニなどを熱心に観察する生徒たちもいました。
野鳥観察2
最後にまとめと質問、バケツに集めたカニやカイなどを紹介、中には5センチほどの大きなゴカイもいました。質問ではヤドカリは殻がなくても生きられるのか、アサリはどのように生まれてくるのかなど、沢山の質問がありました。
観察会の時間設定が干潮時間帯を外れていたため、干潟の生きものが見られないのではと心配されましたが、穏やかな天候だったこともあり、子どもたちに干潟を楽しんでもらえて良かったです。(Y・Y)

以上

観察された鳥
ミヤコドリ(9)、ダイシャクシギ、オオソリハシシギ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ツクシガモ、ヨシガモ、スズガモ、カンムリカイツブリ、ウミアイサ、クロツラヘラサギ(6)、
ダイサギ、カワウ、ミサゴなど
観察された生きもの
コメツキガニ、ケフサイソガニ、アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、ユウシオガイ、アラムシロガイ、
フジツボ、ウミニナ、ホソウミニナ、ヤドカリ、クルマエビ、ヨコエビ、ハマトビムシ、ハゼ、マガキなど
観察された海藻
オゴノリ、アオサなど

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

1月ラムサール条約登録街頭署名活動報告/高校生をはじめ思いのほか沢山の人が応じてくださいました 

11月ラムサール条約登録街頭署名活動報告

日時:2014年11月25日(火)16:00~17:00
場所:JR福工大前駅周辺
参加者:6名
署名数:102名分

 2011年秋に始めた署名活動はあしかけ3年になりますが、今回は月1回行う街頭署名活動の最後と決めていました。今日はあいにく開始前までやんでいた雨が、再び降り始め、強い風と濡れる署名用紙をかばいながらの署名活動でした。
DSCF2069 800
 寒くなり、濡れながらでは、署名は少ないだろうと覚悟しましたが、それでも6名がそれぞれ分散して、がんばって呼びかけを続け、粘ってお願いしていると、高校生をはじめ思いのほか沢山の人が応じてくださいました。
 このJR福工大前駅周辺は、和白干潟のクリーン作戦に参加してくれる福工大附属城東高校生、環境学を学ぶ福工大生などが乗り降りするので、進んで署名する人が多いのです。このような若い人たちに力をもらい、続けていくことができました。
DSCF2070 800
 終わって集計してみるとこれまでになく多い100名を超える数が集まっており、やり甲斐があった、と一同感じました。
 署名はまだまだ12月末まで続きますので、皆さん頑張りましょう。(E・I)

以上
-- 続きを読む --

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク