02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2017年3月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様お疲れ様でした 

2017年3月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:3/25(土)15:00~17:00
●参加:23名、一般6名、九産大5名(宗像ゼミ学生4名、教師1名)、守る会12名
●回収ゴミ:52袋: 可燃ゴミ:50袋(人工ゴミ:26袋、自然ゴミ24袋)、不燃ゴミ:2袋
●粗大ゴミ:発泡スチロールマット2枚、板・枝・木切れ等 約50本
●潮干狩りの人:122名
●見られた鳥:ダイサギ、アオサギ、ミサゴ1羽、ウグイスとコゲラ(声)、ヒヨドリ、キジバト、ハマシギ10羽、ミヤコドリ16羽、ホウロクシギ1羽、クロツラヘラサギ3羽、オナガガモ、マガモ、カワウ、スズガモ
       
 今和白干潟沿岸では、アシが少しずつ新しい芽を出しています。花では、ハマダイコンが満開で、白や、紫の可憐な花を見ることが出来ます。
ハマダイコン

ハマウドは勢い良く茂り、アシ原の中まで食い込んで生えて、年々勢いが増しているように思われます。ハマニンニクも穂を出し、稲穂のような花を咲かせていました。
ハマニンニク

海の広場前には、ハママツナの小さな新芽がぎっしりと赤い顔をのぞかせています。後背林は未だ芽吹いてはいませんでしたが、ナワシログミは実をつけていました。

クリーン作戦では、早めに広場に行ったので、数人で植物観察をしました。ハマニンニクやハマウド、ハマダイコンの群落を見ました。薄日が差していてさわやかでした。清掃の時間になり、リヤカー、ソリ、一輪車とゴミ袋を持ち、唐原川河口右岸まで行き、遠くから近くへと清掃しました。数名の人がアサリを採って帰っておられました。採れたのを見せて貰いましたが、大きく育っていました。ゴミは今回も人工ゴミが多くあり、見える範囲では、とてもきれいになりました。アシの上に被さった自然ゴミの草木はとても多くて、取り終えることが出来ませんでした。

今回も筑紫野市から参加の高校生と、粕屋から参加の若い女性の方や、九産大宗像ゼミ関係者、香住ケ丘ガールスカウトの親子など多くの方の参加が有り、本当に嬉しく思います。
ク031
ク032
ク035
ク036

清掃後は感想などを聞きながら、お茶でのどを潤して貰いました。ミヤコドリ、ホウロクシギ、クロツラヘラサギやサギ類を観て貰いました。「ゴミが多い」「和白干潟を見るのが好きで清掃に参加した」などの感想がありました。本当に有り難いですね。最後に記念写真を撮り散会しました。
ク038

参加された皆様お疲れ様でした。有難うございました。(S・T)

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール条約登録の早期実現を求める請願提出 報告/山本代表が署名請願を手渡し、趣旨を説明しました 

ラムサール条約登録の早期実現を求める請願提出 報告

日時:2017年3月21日(火)10:50~14:20
場所:福岡市議会、各会派及び議会事務局
参加:9名

 3月21日午前11時から、山本代表、山之内、田辺、今村の4名で福岡市議会の全会派と無所属議員を回り、8日にあらかじめ資料を添付してお願いしていたラムサール請願の紹介議員となることを承諾する署名の結果を聞きに行きました。その結果、11名の議員が紹介議員になってくださいました。紹介議員を受けることに会派全体として反対する会派もありましたが、中には一部のみ署名してくださったところもありました。ラムサール条約に登録することは、本来、市長の決断次第で可能なことなのですが、議会の中ではその意義を理解されていない議員がまだまだ多いのではないかと思いました。
 午後2時から9名のメンバーは議会事務局に5,134名分の署名簿を添えて請願書を提出しました。山本代表が署名請願を手渡し、趣旨を説明しました。議会事務局からは、3月議会では請願が出されたことが報告され、どの委員会に付託(請願審査がされる委員会がどこの委員会になるか決める)するかはその後となり、審査日程が決まれば連絡すると説明がありました。提出の様子は高田さんが写真撮影、その後、議会事務局前で全員の記念写真を撮りました。

IMG_3223.jpg

 当初、市政記者クラブに記者会見や取材を申し込んでいたのですが、取材も記者会見もありませんでした。現在、議会は市長の出した空港民営化への出資を行わないという提案に対し最大与党自民党が反対し、与党野党入り乱れて対立していることからマスコミの関心はもっぱらその問題に集中し、ラムサール登録と言う私たちの請願には関心が向けられず、非常に残念な思いをしました。
 2015年秋から2016年12月まで取り組んだ署名請願ですが、提出から審査を経て、採択までの道のりはなかなか険しいものがあります。(E・I)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸/鳥たちは思ったよりも多くいて、嬉しかったです 

定例探鳥会報告 和白海岸

-和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂洲-
2017年3月12日(日) -晴れ - 大潮(干潮 15:41 満潮 10:00)
[観察鳥種]43種 [参加者数] 20人

今日は暖かく穏やかな日和です。満潮の和白4丁目海岸に降り、砂洲に残るミヤコドリとマガモたちを見ました。
7 探鳥会のようす
1 ミヤコドリ

北国へ渡ったのかカモたちはずいぶん少なくなりました。沖にはスズガモやホオジロガモ達の群れがいます。ホオジロガモは雄の求愛行動が見られました。
2 ホオジロガモ

カンムリカイツブリは夏羽になったものもいました。ツバメが2羽飛びました。初認です。
海の広場付近にはハマダイコンの花が咲き、ハマサジやハマウドが大きく育っています。
3 ハマダイコンの花
4 ハマサジ
5 ハマウド

砂洲で休むミヤコドリが近くで見られました。ウミアイサも20羽程が集まっているようです。アシ原からはウグイスの声が聞こえます。ジョウビタキもまだ残っていました。浜辺に降りたツグミも見られました。
6 ツグミ

アシ原中道を歩き砂洲に出ると、淡水ガモが一斉に飛び立ちました。大潮の満潮時で干潟が無くシギたちの姿が見えませんでしたが、遠く奈多の護岸で休むダイゼンを見つけました。今回は渡って行く冬鳥たちの春の様子を観察できました。鳥たちは思ったよりも多くいて、嬉しかったです。(山本 廣子)

以上

【参加者の感想】 
・ミヤコドリがはっきり見られて良かった。
・どの鳥もとってもきれいだった。 ・ホオジロガモが可愛かった。
・カンムリカイツブリが夏羽になっていた。

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2017年2月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様、有難うございました 

2017年2月 和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:2/25(土)15:00~17:00
●参加:29名、一般参加:13名(九産大宗像先生と他1名、ガールスカウト親子2名)、守る会:16名
●回収ゴミ袋:143袋、可燃ゴミ:140袋(人工ゴミ20袋、自燃ゴミ:120袋 )
●不燃ゴミ:3袋、  粗大ゴミ:プラスチック容器1個
●野鳥:ミヤコドリ:8羽、ダイゼン6羽、ダイシャクシギ1羽、シロチドリ2羽、ツクシガモ2羽、オナガガモ、マガモで約300羽、スズガモ約300羽、

 和白干潟では、アオサが無くなり、カモ達が本当に少なく成ってきましたが、まだ、マガモやオナガガモは観ることが出来ます。唐原川河口付近では、コガモ10数羽がしきりに餌を啄んでいました。

アシ原では、植物の殆どが枯れたままですが、アシの根元には小さい新しい芽が顔を出しています。中道にはオオジシバリやハマナデシコ、ハマエンドウの新芽も育っていて、広場前には、小さなハママツナの新芽がびっしりと隙間なく塊って、顔を出していました。
1ハマツナ新芽

このまま大きく育ってくれることを願っています。アシ原入り口では、ハマニンニクやハマサジも大分大きくなりました。これから暖かくなるとともに大きく育っていきます。
2ハマニンニク
3ハマサジ

クリーン作戦では、新しい一般の方の参加が多く成りました。本当に嬉しくなります。粕屋町や筑紫野市、早良区、中央区、東区からも来て下さっています。一般の方の個人参加は特に嬉しく思います。何方も若い方で元気を貰っています。ゴミ袋や一輪車、リヤカー、ソリと用度に合わせて持ち、軽いので風に飛ばされない様に運びます。
清掃範囲は、広場前から始め段々奥に進みました。人工ゴミは、ビニール類、ペットボトル、空き缶などが多く、自然ゴミはアシなどの枯れたのが多く、横になって堆積されていますが、根気よく取り除き、まだまだ残ってはいますが、清掃前と比べると見違えるように綺麗になりました。
5.jpg
4.jpg

最後にお茶とお菓子で一息入れて頂きながら、野鳥を見て貰いました。まとめと交流会でその日の成果をお知らせした後で、感想を聞きました。山本さんより「これからも参加して下さいね。」と感謝の言葉がありました。最後に記念写真を撮って散会しました。参加された皆様、有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)
6.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

「和白小学校観察会まとめの発表会と授業」報告/温かい日差しの中、楽しい時間を過ごせたと振り返りながら、学校を後にしました 

「和白小学校観察会まとめの発表会と授業」報告

日 時:2017年2月21日(火) 10:45~12:20  
参加者:8名

 「和白小学校自然観察会年間計画」に基づき、7月と1月の観察会を踏まえてのまとめの発表会と授業のため、和白小学校に行きました。玄関で子どもたちが「こんにちは」と元気な声で挨拶して出迎えてくれました。
 6人ずつのグループで①和白干潟のこと、②和白干潟のすばらしさ(夏)、③和白干潟のすばらしさ(冬)、④和白干潟の問題、⑤私たちにできること、⑥私たちの願い という6つのテーマに分かれて発表しました。発表するクラスと発表を聞くクラスに分かれていて、発表を聞く子どもたちはグループごとに発表の場所に移動して発表を聞いていました。
1発表のようす
2発表のようす
7発表のようす
     
 発表が2階の教室と3階の教室になっていたので、守る会のメンバーは2階の教室と3階の教室の二手に分かれました。私が参加した3階の教室の①「和白干潟のこと」のグループはどのように発表するかを事前に十分準備し、話す内容もしっかり覚えて大きな声で話していました。ポスターもわかりやすく箇条書きにしていました。②「和白干潟のすばらしさ(夏)」のグループでは、鳥や植物のペープサートを作って、「これは何でしょう?」というクイズ形式で「シロチドリ」、「コサギ」、「ハクセンシオマネキ」、「ダイサギ」、「ハマゴウ」が登場しました。それぞれ上手に特徴を捉えている絵でした。③「和白干潟のすばらしさ(冬)」のグループはペープサートの鳥たちが「どうしてゴミを捨てたらいけないの」という話題で会話していました。④「和白干潟の問題」のグループは「絶滅危惧種の鳥」「鳥獣保護区に指定される」「アオサが大量発生するので、アオサの掃除をしている」「ゴミを拾い、干潟の美化に心がける」と問題点のポイントをしっかり押さえた紙芝居を作っていました。⑤「私たちにできること」のグループは劇で、リュックを背負い、双眼鏡を持った子が干潟でゴミを捨てたことを反省し、後でゴミを拾うというストーリーでした。⑥「私たちのねがい」のグループは授業で練習している合奏曲の「茶色の小瓶」で和白干潟の替え歌を作っていて、発表を聞いた子も一緒に歌いました。「しっかりと干潟のいいところを歌にしたところがいい」と発表を聞いた子が感想を述べていました。2階のグループでも「ビリーブ」の替え歌があったそうです。
保護者にも参観日にこのまとめの発表を見てもらったということで、子どもたちは一人ひとり自信を持っている様子が伺えました。観察会のあと、まとめの発表をすることで、干潟のことをよりしっかりととらえることができているのがわかりました。
 約1時間の発表の時間もあっという間に過ぎました。その後、みんなで音楽室に移動して、山本代表のまとめの授業を聞きました。
10守る会のまとめの授業

パワーポイントで和白干潟の四季の自然を振り返り、守る会の活動について、観察会・クリーン作戦・調査・通信の発行・ラムサール条約の請願署名の話がありました。海底湧水、「山川海の流域会議」のことにも触れました。子どもたちが参加した観察会の写真も見ました。子どもたちは熱心に山本代表の話を聞いていました。最後は守る会の「ミヤコドリ」の歌で授業を締めくくりました。
 私は初めて和白小学校に行きましたが、1年間を通して観察会を行い、まとめの発表と授業を行うことのすばらしさを実感しました。子どもたちの心の中に和白干潟がしっかり根付いていると思います。クリーン作戦のことも紹介し、参加を呼びかけました。大人になっても干潟を守っていく人になってほしいと思いました。
 子どもたちの代表が玄関まで見送りに来てくれました。車に分乗して校門を出る時にはわざわざ校門のところまで出て来てくれたのには感心しました。温かい日差しの中、楽しい時間を過ごせたと振り返りながら、学校を後にしました。発表会の様子を西日本新聞東支局の記者が取材してあり、翌日の朝刊に記事が掲載されました。(K・A)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク