04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

和白干潟の春の自然さがし「雁ノ巣海岸」の報告/帰りながらゴミを拾いました 

和白干潟の春の自然さがし「雁ノ巣海岸」の報告

日時:2016年4月26日(火)14:00~17:00 
場所:雁ノ巣海岸 
集合:13:30にJR香椎線雁ノ巣駅前(福岡市東区雁ノ巣)
案内リーダー:山本、田中、田辺、河上
参加者:16名 守る会:13名
 ゴミ:15袋

 和白干潟の前浜に面して自然があるがままの四季の姿を見て回る第1段は、昨年度に海の広場周辺でしましたが、今年度は第2段として、雁ノ巣海岸の四季を見て回り記録することになりました。
 集合地のJR雁ノ巣駅にはトイレが無く、雁ノ巣グランドまで移動しトイレを借りてから始めました。海岸に入った場所にはハマダイコンの花が咲き乱れていました。
ハマダイコン_R

沿岸のアシ原を少し歩いて、元気に伸び出したアシの根元には巣穴がたくさんあり、クロベンケイガニやアシハラガニに出会いました。しかし歩き続ける道が無く、アシ原入口まで引き返して海岸を歩きました。
クロベンケイガニ_R
アシハラガニ_R
 
潮の引いた砂浜を歩くとコメツキガニの巣穴と砂団子、マガキがくっ付いたロープや石ころ等が沢山ありました。
コメツキガニ_R
マガキ_R

人工島を造り始めてから潮の干満による流れの変化に伴い、砂浜がえぐられたり膨らんだりして以前の海岸線が変わっていました。覆砂をされた場所もあるそうですが、砂がたまった後に大きくえぐられた場所にたまった大量のオゴノリ、根元まで洗われて枯れたのではないかと思われるセンダンの木、そして雁ノ巣鼻の先端は細くなっていました。しかしここにミヤコドリが8羽居ましたので、近寄るのを遠慮しました。
オゴノリ_R
ミヤコドリ_R

陸側にはハマニンニクが幅広く広がって育ち、穂が立ち並んでいました。
ハマニンニクの穂

例年心待ちにするネコノシタもハマゴウも芽吹き始めたばかりで、あやうく踏むところでした。オカヒジキもまだ小さく、ハマゼリの香を感じながら歩きましたが、ゴミの多さには驚きました。
ハマゼリ_R

カワラヨモギなど大きな群落を見ましたが、一株だけの黄色の花は何でしょうか?後で調べて下さった方によるとナルトサワギクではないかということでした。(1976年鳴門で発見)(ネットで調べたら「特定外来生物」に指定されており、毒性が強いそうです。人工島内の護岸内側に大群落が多く見られました。山本)
カワラヨモギの群落_R
ナルトサワギク_R

帰りながらゴミを拾いました。砂に埋もれかけたスーパーの袋から・ビン・缶・ヒモなど多種多彩でした。(S・T)
記念写真_R

以上

●観察された鳥15種 カンムリカイツブリ・カワウ・ダイサギ・コサギ・マガモ・カルガモ・ヨシガモ・トビ・イソシギ・ミヤコドリ・カワセミ・ハクセキレイ・シジュウカラ・カワラヒワ・ホオジロ
●観察されたカニ・ゴカイなど8種 アシハラガニ・アカテガニ・クロベンケイガニ・ケフサイソガニ・コメツキガニ・ヨコエビ・イトゴカイ・スゴカイ
●観察された貝・クラゲ・魚15種 アサリ・アマガイ・アラムシロガイ・イシダタミガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・オキシジミ・カラスガイ・マガキ・シロスジフジツボ・クチバガイ(現地で分からなかった貝です。逸見さんにお尋ねしました。山本)ユウシオガイ・アカクラゲ・ミズクラゲ・ボラ。
●観察された海草2種 ボウアオノリ・オゴノリ
●観察された後背地の樹木 アキグミ(花)・ノイバラ(花)・シャリンバイ(花)・ツルウメモドキ・マサキ・トベラ(花)・クロマツ(花)・クスノキ・ナンキンハゼなどがありました。
●観察された植物 ハマエンドウ(花)・ハマダイコン(花)・ハマヒルガオ(花)・アシ・ハマウド・オオジシバリ(花)・イソホウキギ・オカヒジキ・カワラヨモギ・クズ・コウボウムギ・コマツヨイグサ(花)・センニンソウ・ツルナ(花)・ネコノシタ・ハマゼリ・ハマニンニク(穂)・ハマユウ・ホコガタアカザ・ホソバキミガヨラン・ナルトサワギク(花)など。
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

「干潟・湿地を守る日2016」「春のビーチクリーンアップ2016」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆様有難うございました 

「干潟・湿地を守る日2016」「春のビーチクリーンアップ2016」参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:4/23(土)15:00~17:00
●参加者:20名、一般参加5名(奈多小2名)産業大学宗像ゼミ生3名、経済学部2名内(先生1名)守る会12名
●回収ゴミ合計112袋: 可燃ゴミ:(人工ゴミ・自然ゴミ含む) 不燃ゴミ:2袋
●粗大ゴミ:45ℓポリバケツ1個、工事用赤コーン 1個、P漬物桶1個、自販機空き缶入れ蓋1
 個、木枝、5本、ベニヤ板1枚、

●見られた鳥:ミヤコドリ9羽、クロツラヘラサギ1羽、ミサゴ1羽、マガモ、オナガガモ、スズガモ、モズのペアー、トビ
●潮干狩り客:約200名

 今和白干潟では、沢山の人達が潮干狩りを楽しんでいます、アシ原中道や後背林では、新緑がとても賑やかです。赤や黄緑、濃い緑が有り変化を楽しむことが出来ます。花では、ハマエンドウが満開で、ハマニンニク、ハマダイコン、ノイバラ、ハタザオ、ヤマフジが白に藤色、アキグミの花は広範囲に良い香りを漂わせています。白いハリエンジュも咲き始めました。これからアシもだんだん伸びてきて緑一面になり、アシ原中が爽やかになって来ます。
クリ15
クリ16
クリ10

本日のクリーン作戦は、始める前から雨が降っており、守る会のテントを張って準備をしました。
クリ1

まず初めに参加者の前で、干潟・湿地を守る日の宣言を読みあげて、皆さんの賛同を得てから清掃の範囲や、方法などの説明をして始めました。
クリ2
クリ3

大潮の満潮後で、数日前にも雨が降っており人工ゴミや自然ゴミが草の上まで沢山打ち寄せられていました。一輪車、リヤカー、ソリ等で多くのゴミを集めることが出来ました、今回も数人の若人が参加して下さり、人数の割には効率よく運べて、見事にきれいになりました。ゴミは置き場いっぱいになりました。
クリ4
クリ5
クリ6

城東高校の先生も団体会員として一人で参加して下さいました。生徒達は雨のために中止をされた様でした。初めて参加された学生さんも次回参加したい。とのことでした。雨は少し降りましたが、終わ頃ろには上がりました。
最後に珍しいオサガ二や、野鳥を見て貰いながらお茶とお菓子でのどを潤してから散会しまた。
クリ23
クリ9

参加の皆様有難うございました。お疲れ様でした。(S・T)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2016年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2016年春期シギ・チドリ調査報告      山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査2回目(博多湾東部、全国一斉調査)を行いましたので報告します。

博多湾東部では4/21(木)午後に2回目の調査を行いました。
ミヤコドリ11羽、ハマシギ139羽、オバシギ12羽、、チュウシャクシギ12羽など、8種196羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ13羽、ヘラサギ1羽、カンムリカイツブリ2羽が観察されました。

4/21の博多湾東部は風雨もありましたがだんだんおさまる予報でしたので、調査をすることにしました。雨のために潮干狩りの人が少なくて(和白海域で14名)、雨にぬれましたが鳥を落ち着いて見ることができました。
調査のようす1
調査のようす2
調査のようす3

牧の鼻下の岩場にミヤコドリやチュウシャクシギ、ハマシギの小群がいました。クロツラヘラサギは和白干潟の牧の鼻下と和白川河口と五丁川河口と雁ノ巣に分かれていました。香椎の岩場ではメダイチドリやチュウシャクシギが見られました。ハマシギが多かったのは多々良川河口や名島でした。多々良川上流域は増水して浅瀬や干潟が無くなっており、シギの居場所がありませんでした。和白川河口の護岸上ではアキグミの花が満開で良い香りがしていました。センダンの花のつぼみがたくさんついていました。
センダンのつぼみ

調査参加者は博多湾東部で7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

第7回「博多湾・和白干潟のラムサール条約登録」を求める街頭署名活動報告/参加の皆様、お疲れさまでした 

第7回「博多湾・和白干潟のラムサール条約登録」を求める街頭署名活動報告

日時:2016年4月19日(火)16:00~17:00: 天候:晴れ
場所:千早駅前
参加:8名
署名:150名分

 今日も幸いなことに晴天に恵まれ、市会議員の森文子さんも参加されました。帰校途中の高校生が、前よりも署名に応じてくれました。やはり継続が大事ですね。「香椎保育所」の子どもの絵の載った「和白干潟通信」を配りながら、また親子連れの方には「春の和白干潟の自然さがし」の案内をしながら頑張りました。参加の皆様、お疲れさまでした。(T・K)

P1020248.jpg
P1020236.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール署名街頭活動報告/いつもながら色々な方と話ができて、元気が出る街頭署名活動でした 

ラムサール署名街頭活動報告

日時:2016年4月12日(火)10:30~11:30 天候:晴れ
場所:西鉄香椎駅周辺商店街
参加:7名
署名:83名分

 穏やかな晴天に恵まれ、道行く人も徐々に増えてきました。声掛けに立ち止まって署名してくださるのは年配の方か乳児連れの方がほとんど。「和白干潟でアサリを掘っているから」と署名してくださる人もいれば、「アサリが近年取れなくなっているようだが、あれは鳥の餌になるので人間は掘らないで鳥のために残しておくべきだ」と言う人もいたり。「人工島を埋め立ててから和白干潟の底土が臭くなった。もっと埋め立てられたら困る」と実感を持って署名してくださる方や、私たちの活動を「立派な活動をされていますね」と評価してくださる方もいて、7名で83名分集まりました。いつもながら色々な方と話ができて、元気が出る街頭署名活動でした。(E・I)

以上

P1020225.jpg
P1020223.jpg
P1020222.jpg
P1020216.jpg

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク