03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

2015年春期シギ・チドリ調査報告/調査に参加された皆さん、お疲れ様でした 

2015年春期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●春期シギ・チドリ調査1回目を行いましたので報告します。

 今津では4/5(日)午前中に1回目の調査を行いました。
ハマシギ63羽、アオアシシギ13羽、セイタカシギ1羽など、9種91羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ2羽、ツクシガモ1羽、ズグロカモメ2羽、ミサゴ2羽、オオハクチョウ1羽が観察されました。
調査の様子

 博多湾東部では4/2(木)に1回目の調査を行いました。
ミヤコドリ6羽、ハマシギ30羽、ホウロクシギ4羽など、6種47羽がカウントされました。他にはクロツラヘラサギ16羽、カンムリカイツブリ6羽が観察されました。
ホウロクシギ

 4/2の博多湾東部は晴れて暖かく、潮干狩りや磯遊びの人が和白海域と香椎で198名いました。シギ・チドリたちは全域で少なかったです。香椎にはヒドリガモが100羽程浮かんでいました。香椎花園ではカルガモが20羽程浮かんでいました。カモが好きな場所が、それぞれあるのかもしれませんね。
岩礁上のサギたち’

 雁ノ巣の砂浜では、たくさんのコメツキガニが砂団子を一面に作り、動き回っていました。
コメツキガニ
 
 雁ノ巣と人工島の間の海域ではウエイクボードが何度も言ったり来たりしていました。港湾局理財課に注意してほしいと伝えましたら、海岸から遠くて声が聞こえないという回答で残念でした。

調査参加者は今津が3名、博多湾東部では7名でした。調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。

桜満開
ハマダイコン

以上
スポンサーサイト

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした 

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:3/28(土)15:00~17:00
●参加者全員:22名、一般参加9名(内幼児2名)守る会13名
●回収ゴミ合計55袋: 可燃ゴミ:54袋(人工ゴミ7袋・自然ゴミ47袋)
               不燃ゴミ:1袋
●粗大ゴミ:カーペット1個、浮き付きの(船用フロート止めロープ)1セット

●見られた鳥、ミサゴ2羽、ダイシャクシギ2羽、クロツラヘラサギ6羽、スズガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ダイサギ、アオサギ・山の鳥:ツグミ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ

 今和白干潟では、ハマニンニクの穂が出始めています。ハマダイコンの花や、後背地では山桜や、オオシマザクラ?が満開で、春の賑わいを見せ始めました。
ハマニンニク穂
ハマダイコン
山桜

 ハママツナの新芽にアシや、シオクグ、ホコガタアカザの芽もこの一月で随分大きくなってきました。
ハママツナ新芽

 一番良い場所にはハマウドが大きく葉を広げています。干潟ではコメツキガニが活発になり巣穴や砂団子が随分多くなりました。越冬のカモ達は大分少なくなりましたが、沖のスズガモはより多く集まっています。渡りの準備をしているのでしょうか?幅広く幾重にも長く列をなしています。クロツラヘラサギと、ダイシャクシギも仲間が増えました。これからは待望の春の渡りのシギ達を観ることが出来ますよ。朝はミヤコドリ8羽を観ることが出来ました。広場入口のハリエンジュの梢でホウジロが鳴いていると思いましたが、良く観るとメジロでした。朝からずっと鳴いています。こんなさえずりは初めて聞きました。又、運よくミサゴが水中にダイブする様子も観ることが出来ました。
野鳥観察

 本日のクリーン作戦は、人工ゴミは雨が降ってないせいか少なく、自然ゴミはアシの茎などが倒れ流れ込んだアシの茎が覆いかぶさり新芽の妨げになっていましたが、約7割が取り除けたのかなと思います。
クリーン1
クリーン2

 広場前~唐原川河口右岸迄清掃し、人数は少なかったのですが効率よく集めることが出来ました。家族4名で参加された方もありました。今回スズキ自動車福岡の方も2名が参加してくださり、若い力を沢山いただきました。
回収ゴミ 

 椋木さんも毎回欠かさずに参加して下さいます。最後にお茶を飲みながら歓談したり、クロツラヘラサギやダイシャクシギ、カモなどを観て貰ったりしました。初めて見る鳥たちに感激されていました。
記念写真

 参加された皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。 (S・T)

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

NPO法人ウオールレスジャパン子ども32名と付き添い4名の和白干潟観察会報告/暖かくて天気も良く、子どもたちに干潟を楽しんでもらえて良かったです 

NPO法人ウオールレスジャパン子ども32名と付き添い4名の和白干潟観察会報告
                                   
日時:2015年3月14日(土) 10:15~12:00天候:晴れ 小潮 満潮15:13 干潮08:37
場所:和白干潟・海の広場
参加者:36名(小学生31名と中学生1名及び付添い4名)
守る会ガイド:2名とカメラ係1名

 NPO法人ウオールレスジャパンは「壁を社会問題と考え、その壁をなくしたい」との想いで、孤独死の危険性のある人たちや高齢者に対して、孤独死防止と高齢者生活支援を行っている団体とのことです。今回は、小学校3年~6年の子どもたちを対象に、「海の生きもの観察会」と題して和白干潟と海の中道海浜公園で海の生きものたちを知ろうという企画でした。

 干潮時間を過ぎての観察会だったため、干潟のはなしをした後、付添いの人に望遠鏡を持ってもらい、干潟に入りました。
和白干潟の話
 子どもたちに、ゴカイの巣穴の掘り方やカニの探し方などを教えながら干潟を移動。
生きもの観察
 子どもたちは干潟を掘り返しながら、ゴカイやコメツキガニやアサリ貝などを見つけてきます。3センチ位の大きなアサリも割と多く見つかりました。沖合で山本さんがアサリの探し方を教え、しばらく浄化実験に使うアサリとウミニナ探し。
アサリ堀り

 アサリやウミニナを探すとともに、望遠鏡で干潟の鳥たちの観察もしました。
水鳥観察

 その後、アシ原近くに移動。移動の途中で干潟に残ったカモやカラスの足跡などを子どもたちに紹介。アシ原に近づくと砂州にコメツキガニの砂団子がたくさんあり、ここでカニ探し。それからアシ原付近には、ペットボトルやプラスチックゴミなどがたくさんあったので、全員でゴミ拾いをしながら海の広場に戻りました。
干潟のゴミ拾い

 海の広場でまとめと質問、バケツに集めたカニやカイなどを紹介、中には5センチほどのアナジャコもいました。先日から観察されていたカミクラゲも少し大きくなっていました。質問では「毒を持ったクラゲはどの位いるのか」、「カメはいるのか」、「クジラは来るのか」などの質問がありました。
カミクラゲ

 最後にアサリの浄化実験の結果を見てもらい、和白干潟での観察会はどうでしたか、との問いに子どもたちは楽しかったとのことでした。
浄化実験

挨拶

 暖かくて天気も良く、子どもたちに干潟を楽しんでもらえて良かったです。(H・Y)

以上

観察された鳥
ダイシャクシギ(1)、クロツラヘラサギ(2)、ミサゴ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、スズガモ、ホオジロガモ、ウグイスなど
観察された生きもの
カミクラゲ、アカクラゲ、コメツキガニ、マメコブシガニ、ケフサイソガニ、ヨコエビ、アナジャコ、アサリ、オキシジミ、ソトオリガイ、ユウシオガイ、ホトトギスガイ、アラムシロガイ、ツボミガイ、ウミニナ、ホソウミニナ、マガキなど
観察された植物
ハママツナの芽、ハマダイコンの花など

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

定例探鳥会報告 和白海岸/今日はハイキング気分で、だいぶ遠くまで歩きました 

定例探鳥会報告 和白海岸

-海岸→海の広場→アシ原→砂洲→唐原川河口右岸→唐原川河口左岸先
2015年3月8日(日) -快晴- 中潮(干潮 5:01 満潮 11:09)
[観察鳥種] 38種 [参加者数] 16名  

 今日は久しぶりに暖かい探鳥会でした。(1,2月の探鳥会は極寒でした。)集合地の和白公園の桜もたくさんつぼみがついていました。道端のスミレの花も咲いて、もうすぐ春ですね。
スミレ
 海の広場方面へ向かいました。和白4丁目の海岸に降りて、和白川河口にいるツクシガモやマガモ、オナガガモなどを見ました。
ツクシガモとオナガガモ
 暖かいので海岸にいてもゆっくり探鳥できました。
和白探鳥会のようす
 今日は対岸の雁ノ巣海岸にミヤコドリ9羽が見えます。海岸にはツグミが降りていました。
ツグミ
 水際にはクラゲの仲間がたくさん発生していました。
アカクラゲは大きくなっていました。2~3cmの小さなクラゲがたくさんいて可愛かったです。
クラゲの仲間
 海の広場からアシ原を砂洲まで歩きました。ハマダイコンの花が咲き始め、ハママツナの小さな芽がたくさん出ています。ハマダイコン
ハママツナ新芽
 ハマニンニクもだいぶ大きくなりました。ウグイスが上手にさえずり出しました。砂洲では遠くのスズガモの群れや求愛のポーズをするホオジロガモの群れを見たり、夏羽になりかけたカンムリカイツブリやハジロカイツブリを見ました。

 アシ原の沿岸を歩き、唐原川河口右岸へ行きました。休んでいたコガモたちを近くで見ることができました。さらに川を回って唐原川河口左岸へ出て、その先まで歩きました。牧の鼻の近くまで行き、ウミアイサのペアを見ました。
ウミアイサ

 今日はハイキング気分で、だいぶ遠くまで歩きました。西日本新聞東支局の記者も参加されました。            (山本 廣子)

以上

【参加者の感想】
・ハジロカイツブリが近くで見られた。 ・ツクシガモがきれい。
・ホオジロガモが良かった。  ・遠くでもミヤコドリが見られて良かった。
・カンムリカイツブリが良かった。  ・ウグイスの姿を見た。
・ウミアイサがステキ!

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/これから段々と暖かくなるに連れて、干潟やアシ原、後背林も賑やかになり楽しみが増えていきます 

2015年・和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告  

●日時:2/28(土)15:00~17:00
●参加者:25名、一般参加5名内(5歳児1名)守る会20名、(株)環衛サービス6名

●回収ゴミ合計46袋: 可燃ゴミ:45袋(人工ゴミ35袋・自然ゴミ10袋)
不燃ゴミ:1袋。(注射針1本)
●粗大ゴミ:ビニール製車カバー個、剪定枝、板、約10本、(魚のルアー釣り針が付いているもの1本)発泡スチロール制箱2個

●見られた鳥、ダイシャクシギ1羽、ツクシガモ10羽、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、スズガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ミサゴ・山の鳥:ツグミ、ヒヨドリ、ウグイスが上手にホーホケキョと鳴いていました。

 今和白干潟では、春を感じられる沢山のウミニナが干潟表面に這い出し始めています。コメツキガニの砂団子も大分見られる様になってきました。アシ原でもアシやハマニンニクの新芽が多く見られるようになり、ハママツナも枯れた親木の側や、離れた場所にも、良く見ないと分からない程小さな可愛い双葉の芽を出しています。ツルナも黄色い小さな花を咲かせていて、あちこちで見ることが出来ました。
ツルナ 
 これから段々と暖かくなるに連れて、干潟やアシ原、後背林も賑やかになり楽しみが増えていきます。

 本日のクリーン作戦は、アオサが無くなり人工ゴミが目立ち、自然ゴミはアシの茎など倒れたのや、流れ込んでアシに乗っかって、上に積もったのが殆どでしたが、広場前~唐原川河口右岸迄清掃することが出来ました。
014.jpg
017.jpg

 終わる頃に雨がぼちぼち降りだしましたが濡れることなく無事に終わることが出来ました。参加者は守る会が殆どでした。一般の人では、一人で初めて参加された方と、家族3名で早良区からの方も有り初めての和白干潟に興味を持たれた様子でした。毎回欠かさずに参加してくださる方は椋木さんです。最後にお茶を飲みながら歓談して、カモやダイシャクシギを観て貰いました。
021.jpg

参加された皆さまありがとうございました、お疲れ様でした。 (S・T)
023.jpg

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク