09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

和白干潟をラムサールへ          The Save Wajiro Tidal Flat Association

和白干潟を守る会は、1988年4月に地元在住の切り絵画家・山本廣子( くすだひろこ )の呼びかけにより発足した自然保護団体です。 このブログは和白干潟を守る会の活動内容を発信するものです。

和白干潟を守る会のご案内

画像の中心(白い△印)をクリックするとビデオがご覧いただけます。

ご挨拶

 2012年4月より「和白干潟を守る会」の「活動報告」を主体にしたブログを開設しました。和白干潟を守る会のHP同様、よろしくお願いします。和白干潟の様子を見て和白干潟のすばらしさを感じていただければ、嬉しく思います。ごいっしょに保全活動をしませんか? 保全活動やHP・ブログの管理なども会員のボランティアで支えられています。 ボランティア活動の楽しさや喜びも感じていただけたら嬉しく思います。                   2013年4月  和白干潟を守る会 代表 山本廣子  

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲-/台風接近のため探鳥会参加者が少なく、残念でした。 

定例探鳥会報告 和白海岸 -海岸→海の広場→アシ原→砂洲-
2014年 10月12日(日) -曇りのち小雨 風強し- 中潮(干潮 5:46 満潮 12:11)
[観察鳥種] 35種 [参加者数] 6名
 
 大型台風19号の接近のため不安な天候で、参加者は少なかったです。できるところまでということで開催しました。
探鳥会のようす

 10月に入り、和白干潟には冬鳥のカモたちが増えてきました。ミヤコドリやクロツラヘラサギも来ています。これから満ちてくる潮ですので、海の広場方面が近くで鳥たちが見られるので、久しぶりにそちらに行くことにしました。集合地の桜の木の葉が赤く色づき始めて、秋の気配を感じさせます。
ホウロクシギとクロツラヘラサギ
 海岸に出て、唐原川方面にカモたちがたくさん見えました。クロツラヘラサギは4羽、ホウロクシギやダイシャクシギ、オオソリハシシギが見えます。
ヒドリガモとオシドリ
 綿毛になったアシの穂を見ながら、海の広場まで歩きました。海の広場付近では色づき始めたハママツナの群落や見頃のハマシオンの花が見られました。
色づいてきたハママツナ
 遠く雁ノ巣の砂浜にいるミヤコドリ6羽とクロツラヘラサギ4羽を見つけました。牧の鼻付近にはスズガモの群れがありました。唐の原川河口にいる淡水ガモは300羽くらいいました。上空を鳴きながらダイゼンとホウロクシギの群れが飛びました。
 秋のアシ原の植物を見ながら砂洲まで歩きました。シャリンバイやヌルデやアキグミ、テリハノイバラの実が生っていました。シロバナサクラタデやナワシログミの花が咲き、ナンキンハゼの葉が赤く色づいてきていました。
ナンキンハゼ
ウラギク
 
 モズの高鳴きが聞こえました。砂洲にくるとヒドリガモの群れがすぐ近くにいて静かに近づきましたが、気配を感じてすぐに飛び立ってしまいました。群れの中にいる白メガネのオシドリたちを見つけました。昨年の探鳥会でもオシドリの群れが来ましたので、
渡りの途中に立ち寄るコースに和白干潟があるのかもしれません。ここで雨が降りだし風も出てきましたので、鳥合わせをして早めに解散しました。
 
 和白干潟にはたくさんの冬鳥たちが訪れていましたのに、台風接近のため探鳥会参加者が少なく、残念でした。多くの人にこのすばらしい鳥たちを見てほしかったです。 (山本 廣子)

【参加者の感想】
・ カモがたくさんいた。
・ オシドリが見れてよかった。
・ クロツラヘラサギやミヤコドリに会えて良かった。
・ 潮が良く、ホウロクシギやダイシャクシギ、オオソリハシシギが集まっていて、見やすかった。
FC2 Management

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

ラムサール登録街頭署名活動報告 

ラムサール登録街頭署名活動報告      
                            
日  時: 2014年9月30日(火) 16:00~17:00  
場  所: JR 福工大前駅周辺
参 加 者: 7名  
署名人数: 73人

 当日の午前中は雨が見られましたが、午後より曇りとなり署名活動に適した天候でした。
署名活動1
署名活動2
 福工大前駅前の通路付近にメンバーが散らばって、署名を集めました。この時間帯はまだ通勤客も混まず、始めは人もまばらでした。しかしだんだん高校生や大学生、駅内の「コミセンわじろ」に通う人々などで人通りも増してきて、署名のお願いの声もかけやすくなりました。(H・S)
集合写真

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

国際ビーチクリーンアップ参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告/参加の皆さま有難うございました。お疲れ様でした。 

国際ビーチクリーンアップ参加の和白干潟のクリーン作戦と自然観察報告

●日時:9/27(土)15:00~17:00
●参加者:26名、一般7名の内(環衛サービス:3名、西南大大学院生1名、中村学園大学生1名、)九産大宗像ゼミ学生と先生で8名、守る会11名     
●回収ゴミ合計203袋: 可燃ゴミ:201袋(人工ゴミ16袋・アオサ185袋)不燃ゴミ:2袋。粗大ゴミ:流木(枝・板など4~5本 )
●鳥は、ホウロクシギ4羽、ダイシャクシギ1羽、アオアシシギ4羽、クロツラへラサギ2羽、ミサゴ1羽、カモ類約100羽、(マガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ)、カワウ、多数のカラス

 今和白干潟では、今年も鳥達の渡りのシーズンがやってきました。越冬のカモ達が少しずつ飛来しています。冬の使者のミヤコドリも、昨日は香椎浜で2羽初認されていますが、今朝10:00頃には3羽が他の鳥達と一緒に砂州で羽を休めていました。クリーン後ではクロツラへラサギも観ることが出来ました。これからは沢山の鳥達が日毎に数を増やしてくれます。とても楽しみです。
 アシ原では、アシの穂が出て、中道にはシャリンバイの実や、クコも可憐な紫色の花を咲かせていました。また広場入口ではダンチクの穂が出そろっています。
2014_0927JT 画像0015
2014_0927JT 画像0014
2014_0927JT 画像0024

本日のクリーン作戦は、国際ビーチクリーンアップ参加のゴミデータ調査をしました。
2014_0927JT 画像0004

先ず調査の為の人工ゴミを集める班と、アオサ班とに別れてそれぞれ広場前~アシ原~市道前までを中心にしました。アオサ班はそりに載せ何往復も運ぶ事が出来ました。
2014_0927JT 画像0005
干潟の中のアオサは濡れていてとても重かったと思いますが、皆黙々と運んでいただき、人数の割りにはとても効率よく沢山のアオサを集める事が出来ました。
2014_0927JT 画像0009
2014_0927JT 画像0020
2014_0927JT 画像0037

人工ゴミ調査は守る会担当1名と産大生に担当してもらいました。
2014_0927JT 画像0041

清掃後には、お茶とお菓子で咽を潤してもらいながら、ゆっくりとクロツラへラサギ、ミサゴ等野鳥観察をしてもらう事が出来ました。 参加の皆さま有難うございました。お疲れ様でした。 (S・T)
2014_0927JT 画像0049

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

2014年秋期シギ・チドリ調査報告/博多湾東部の秋期調査では、ハマシギなどの小型シギ類が非常に少なくて、シギの数が減少してしまいました。今後増えてほしいと願っています。 

2014年秋期シギ・チドリ調査報告        山本 廣子

●秋期シギ・チドリ調査3回目を行いましたので報告します。

今津では9/16(火)午後に3回目の調査を行いました。
調査の様子
エリマキシギ3羽、アオアシシギ25羽、タカブシギ6羽、セイタカシギ2羽など、16種93羽がカウントされました。他にはチュウサギ2羽、ハヤブサ1羽、ミサゴ1羽などが観察されました。
アオアシシギ
博多湾東部では9/25(木)午後に3回目の調査を行いました。
トウネン37羽、アオアシシギ16羽、キアシシギ22羽、ホウロクシギ8羽など、7種99羽がカウントされました。他にはミサゴ3羽が観察されました。
9/25の博多湾東部は台風の影響で海風が強かったです。和白干潟や雁ノ巣海岸ではアオサが多く、沿岸まで寄せていました。名島海岸にも少しありました。
雁ノ巣海岸のアオサ
雁ノ巣の砂浜にはコメツキガニがたくさんいました。潮干狩りの人は和白で8名、香椎で7名いました。博多湾東部の秋期調査では、ハマシギなどの小型シギ類が非常に少なくて、シギの数が減少してしまいました。今後増えてほしいと願っています。
調査参加者は今津が2名、博多湾東部が5名でした。
調査に参加された皆さん、お疲れ様でした。
香椎沿岸のハギの花

以上

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

筑陽学園 中学3年生和白干潟の自然観察会報告/自然の偉大さを感じてくれるのでないかと思いました。 

筑陽学園 中学3年生和白干潟の自然観察会報告
  
日時:2014年9月18日(木)10:10~14:30  
潮:長潮 (満潮 5:15)(18:55)(干潮12:06)
場所:和白干潟~牧ノ鼻海岸
参加者:3年生70名と先生5名 他カメラ1名
     守る会6名

 筑陽学園中学3年生が、毎年9月頃に和白干潟に来て観察や調査をするのは、今回で22回目となりました。
和白干潟のお話
 今回は、潮の関係で、和白の話と望遠鏡での鳥見のあと、すぐ調査に入りました。9つの班に分かれ各班共7~8名の生徒で構成されていました。
野鳥観察

一班は干潟動物生息調査(砂地):河口に近い処。生き物が少なかった。まじめに取り組む子と、遊ぶ子がいた。
砂地の動物調査

二班は干潟動物生息地調査(砂泥地):小さいアサリが多かった。生き物はまあまあ、子どもたちはまじめで頑張った。
砂泥地の動物調査

三班は干潟動物生息調査(泥地・岩場):牧ノ鼻まで距離が遠く、牡蠣のついた岩場もあり過酷な観察地だったが、生き物の種類や数が多かった。
泥地・岩場の動物調査

五班は干潟の汚染とアオサの調査:5か所を調査した内、1カ所では腐っていた。
アオサの調査

六班は干潟沿岸の植物調査:ハママツナ・ハマニンニク・ハマサジなど浜特有の植物も花の終わったものもあり、男子はアシハラガニを捕まえるのに興味を示した。
沿岸の植物調査

四班カニの巣穴形状・七班・八班・九班は干潟の浄化能力を先生方が担当され調査された。

 昼食をはさみ、午後は皆で干潟に入りアサリ採りをして貝の浄化実験に備えました。間もなく潮が満ち始め上げ潮の速さを実感。アサリもウミニナの方も短時間で水は綺麗になり実験は成功。
午後の干潟の生きもの観察
★まとめの話し

 22年も続いているこの学校行事に敬意を表します。生徒達は成人になっても、和白干潟に行ったこと、水と戯れ遊んだこと、貝を掘ったこと、寄せてくる波の速さを実感したことなどを思いだして、自然の偉大さを感じてくれるのでないかと思いました。(S・T)

以上

見た鳥:ミサゴ3・ホウロクシギ6・アオサギ・コサギ・ダイサギ・アオサギ・マガモ・オバシギ12・トウネン3・ハクセキレイ3・カルガモ・カワウ
生き物:アサリ・オキシジミ・ホトトギスガイ・アラムシロガイ・ウミニナ・ホソウミニナ・ソトオリガイ・マガキ・ユウシオガイ・カリガネエガイ・アマガイ・ツボミガイ
コメツキガニ・マメコブシガニ・ガザミ・オサガニ・アシハラガニ・ハクセンシオマネキ・ケフサイソガニ・アカテガニ・カニの脱皮がいくつも見られた。
イトゴカイ・スゴカイ・タマシキゴカイ・ヤドカリ・テッポウエビ・フナムシ・マハゼの子・ボラ・クラゲ
植物:ハママツナ・ハマサジ・ハマニンニク・花が残っていたハマナデシコ・ハマエンドウ・ハマヒルガオ・・・
海藻:アオサ・オゴノリ                 

category: 活動紹介

cm 0   tb 0   page top

会鳥 ミヤコドリ

活動のご案内

和白干潟 自然のアルバム

キヤノンクリック募金にご協力ください!

リンク